<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
祝!佐藤寿人 代表2ゴール目!
昨日の日本代表のエクアドル戦は,相変わらず決定力のないFWと普段からミドルが枠に飛ばないMFの奏でるコボラレーションにスタンドも静まり返ってましたが,その中で寿人が見事に決勝ゴールを決めてくれました。
あの時間帯ではエクアドルはラインが高いにも関わらず疲れきっていたので寿人が裏を取れそうでしたし,エクアドルが遅攻しか選択しないためにアレが高い位置取りで再三勝負できていましたから,ゴールの予感が高まってましたが,あのボールを左足でファーに流す寿人の点で合わせる技術はいつもながら感心しますね。
惜しくもクロスバーに当たりましたが,寿人が右サイドの深い位置に切れ込んでファーにループ気味に狙ったプレーも非常に寿人らしかったですね。寿人のプレーをあまり見たことがない方にはシュートに見えなかったかもしれませんが,角度のない位置に流れてのシュートはJでもよく決めてますし,まさにゴールエリアの申し子ですね。
初めて代表に呼ばれた頃にサッカーダイジェストのインタビューでピッポ(F・インザーギ)が好きで彼のゴールをVTRでよく見ていると語ってましたが,最近の決定力は本家にも劣らないのではないでしょうか。代表初ゴールになったDFに体を預けて反転しながらのシュートも,CLで以前にピッポがやっていたプレー(寿人はシュートがニア,ピッポはファーの違いはありますが…)ですし,恐らくピッポの動きをトレースして練習することでワンタッチでゴールに流し込む技術を身に付けたんでしょう。
大黒はペナルティエリアに入ったぐらいのゴール前10m程度の位置で点で合わせる技術に長けていますが,更にゴールに近いところで勝負する寿人の技術や決定力も勝るとも劣らないと私は思います。

つい寿人の話ばかり書いてしまいましたが,それだけ内容の無い試合だったということです。エクアドルは足元の技術はあるのに遅行ばかり選択するため最近の代表の試合のようにアレの裏を取ることもできず,日本のクリアミスから打たれた素晴らしいミドルも川口の好セーブでクロスバーに当たってしまい,疲れの出た後半はラインは高いのに足が止まってしまうという悪循環でしたね。まあ彼らも全くベストメンバーではないのでW杯には修正できるのだろうとは思いますが。
日本代表のメンバーについては各人毎に。

川口
前半のテノリオのスーパーミドルに手を弾かれながらもどうにかセーブしたのは見事。それ以外はそもそもほとんど出番なし。

宮本
酷いパスミスしていましたが,そのプレーの直前に最終ラインのくせにドリブルで相手FWを抜いたプレーが最悪。自分の後ろに川口しかいないことを考えればあの選択肢は絶対に有り得ない。チームで控えに回って試合勘が抜けているのか,ああいう軽率なトライは今後は絶対に控えて欲しい。最終ラインはセイフティにボールを回さなきゃ。

中澤
パスの精度が上達しないのは最初から期待していないから別に問題ありません。守備面は昨日は安定してましたね。

坪井
本人のアピールになったのかはジーコにしか分からない程度の活躍。但し活躍も無いけど問題となるミスもなし。

福西
小野の状態が悪いため相当負担がかかってったんでしょうね。欧州組が入ってもパートナーに守備的な選手が入ることはないから,日本の中盤は彼にかかっているのはいつもどおりですから。彼の場合,もの凄いミドルを持っていますが入るのは年に数回なので昨日入らなくても不思議じゃないし,セットプレーでも難しい体勢でよく合わせてましたし,十分に及第点だと思います。

小野
解説の金田さんがイメージとプレーがマッチしてなくて相当酷い状態だと言ってましたが,確かにオッと思うけど結果が伴わないプレーを連発してましたね。本人も状態は40%と言ってましたし,Jの試合の中でせめて70%まで上げてもらいたいものです。

小笠原
玉田が下がってボールもらうため,彼のエリアが狭まっていた印象があります。彼自身は本番では4-4-2でしか出場機会はありませんし,今回も4-4-2を本当はやりたかったでしょうね。俊輔に使われた時の小笠原は相当持ち味出ますから。

加地
何故?と思うほど位置取りが低く,積極的な姿勢は見られず。もしかすると玉田が左サイドで引いて貰うために小笠原が右に流れて加地のスペースを消していたのかもしれませんね。最近の試合の加地は評価できていただけに残念です。

アレックス
ここ最近では最高の出来。エクアドルの攻撃の選択が悪いためにいつものようにスピードで裏を千切られることもなく,効果的なドリブルと決定的なクロスを何度も見せていましたね。やはりアレはサイドバックではなくウィングバックだと痛感されられました。まぁ浦和の試合を見てればそれも当たり前なんですが。

玉田
先日の名古屋の試合ではトップ下をやっていたそうですが,昨日の試合も中盤まで引いてボールを貰って仕掛けるプレーが見られました。最近得点できていない(JではPKの1点だけ)ことを示すかのようにゴール前での強引なシュートやプレー選択のミスはありましたが,FWの相方が全く走らないことを考えればかなり良い出来だったと思います。あとはJの試合でどれだけコンディションを上げられるかが本番への鍵になるかと。

久保
最近の久保はどうしてこうも走れないんでしょうか。それでいつもの形になっても得点まで取れないのでは試合に出ている意味が全くありません。腰痛の影響なのかもしれませんが,このままでは久保と組むFWの負担が大き過ぎるし,チームのためには使わない方がベターなのかもしれません。故障前の久保は日本では絶対的な選手だったのに。
それを交代させないジーコもジーコ。試合勘を取り戻させるための出場ならJでもできます。幾らエースでも非情な選択をすべきだと思うのですが。


少ない時間の中で頑張ってはいましたが,あの時間に投入されて活きる選手じゃないですよね。後半開始早々から久保に代えて出すべきだったと私は考えながら試合を見ていました。

寿人
これ以上書くとウザイでしょw
でも,可能性の全く無かったW杯が少しなりと見えてきたのは大収穫ですね。

また,ジーコですが,選手交代の機微が全く分かってないです。攻め手が膠着してましたし,相手が遅行しか選択しないことを考えれば最終ラインは余ってましたので,坪井→長谷部で4-4-2に移行して欲しかった。得点の香りはしても入る気配が全くしないFWの交代も遅すぎます。その2トップをもっと見たいから交代させないで欲しいと実況するアナもかなり酷いですが…。
最後に総論として言えば試合内容は全然駄目でしょう。何人か良いプレーを随所に見せていましたが,チームとして連動していたとはとても言えません。本番では相手が時差ぼけで疲れている2軍じゃないのですから。チームに戻ってしっかりとコンディションを上げて欲しいものですね。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-31 10:30 | 日本代表
柳沢の故障で代表のFW争いに衝撃が…
柳沢が骨折で全治2ヶ月とのこと。
試合は私もTVで見ていたのですが,最初は足を捻ったかな?って感じだったのが,そのまま引っ込んでしまったので,捻挫かな?靭帯までやってないと良いねぐらいに思っていました。しかし,夜のニュースでは自分で歩けないらしいとの報道があり,昨日精密検査をしたら骨折しており,緊急手術で全治2ヶ月というじゃありませんか。
ジーコの中では久保,高原,柳沢,大黒で決まっているんだろうと先日私も書きましたが,これで柳沢のW杯はかなり怪しくなりましたね。本番は6月とは言え,登録選手の〆切は5月15日。この時点で完全にやれる見込みがついていなかったら,ヒデ,俊輔,宮本あたりならそれでも登録されるかもしれませんが,柳沢ならアウトでしょう。本番へ繋げるためには5月頭にはボール蹴り出すぐらいでないと難しいと言えます。
再三に渡ってブログ中で寿人を推しているとは言え,久保がエースで決まっている以上,セカンドストライカーとしての柳沢は高原,玉田や大黒以上に評価しているので私も非常に残念です。
これで逆に寿人に芽が出てきたのは私としても心情的に微妙なところですけどね…。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-27 13:57 | 日本代表
燃ゆる杜の都
千葉直樹のミラクルループシュート見てきました。
ベガルタの試合の今期初観戦です。今年もあまり行けそうにないので間違いなく勝てる試合を見たいと思い愛媛FC戦に行ってきました。ただし,前日の夜にチケット取ることになったのでS指定メイン北側の最上段。日陰の上に風が凄い抜けていくのでえらく寒かったですね。
試合の方は前半はかなり消化不良。愛媛が引きに引いて5バックか6バックかという布陣だったために,ブラジルトリオにボールが入っても3人ぐらい抜かなければならない状況で,ボールを取られて逆襲を喰らう繰り返しになっていました。ミドルを打っても厚い壁に跳ね返されていたので,SBがもっと積極的に上がって裏を取る動きができれば…という感じでしたね。
ただそれでも,ブラジルトリオとDFと1対1になればどうしてもファウルがかさんでいたので,梁のFKから良いボールが入ればと思っていたところ,それまでFKから低いボールばかりだった梁がロペスの高さを活かせる高めのボールを入れて見事先取点。相手のDF陣を引き出すには先取点を取る以外にはなかっただけに非常に大事な1点でした。
後半開始直後に追加点が取れたのも大きかったですね。前半のそれまでと違い,スピードが乗った状態でボルジェスがボールをもてたので,そうなれば格の違いとばかりにきっちりと決めれてました。
その直後のロングスローからの失点はかなりいただけないですが,良い時間に本人も狙ってなかったという千葉直樹のスーパーミラクルループが決まって勝負あり。普通,あの姿勢から浮かせようとすればインにかかってゴール左に切れていくと思いきや何故かボールはゴールへ。ボールを持ってDFと対峙したときに一瞬グラウンド上の全員の動きが止まり,スタジアム全体に『どうする?』って空気が流れただけに,ゴール決まった瞬間のスタジアムの爆発は凄かったですね。
ブラジルトリオのやる気のない守備やSBの消極的な姿勢など気になる点も多々あったわけで,総論として愛媛相手にもう少し内容のある試合をして欲しかったとは思いますが,連敗していただけに結果には満足です。ここで気を緩めず高みを目指して欲しいですね。
愛媛の方は8番の浜岡選手の動きが目立ってましたね。163cmと小さいのですが,磯崎の位置取りが低かったこともあり,右サイドから効果的に組み立てて良いボールを供給していました。今まで知りませんでしたが,昨季のJFLの最優秀選手だったそうですね。今後も頑張って欲しいものです。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-27 13:31 | ベガルタ仙台
エクアドルにも左サイドを蹂躙される予感が…
3/30に予定されている日本代表のエクアドル戦のメンバーが発表されました。

GK 川口,土肥,楢崎
DF 加地,駒野,坪井,中澤,田中,宮本,茂庭,村井,三都主
MF 福西,遠藤,阿部,小野,小笠原,長谷部
FW 佐藤寿人,巻,玉田,柳沢,久保

ガンバが前日に大宮戦があるため召集拒否の姿勢を見せていましたが,W杯イヤーということを考慮して選手のために妥協したとのこと。ジーコは本大会を見据えてどうしても4バックを試したいようですし,宮本と加地が参加しなければ意味がないですから,日本代表的には非常に良いことだと思います。
また,病み上がりの楢崎と負傷中の田中サザビーが呼ばれてますが,本大会を見据えて練習だけでも一緒にやりたいというジーコの話があるだけに『当確』マークがついてますから,本人達も意欲的に回復に努められますね。
それと今回特徴的なのがFWを5人呼んだこと。前回の国内組の試合(インド戦)の3人と国内復帰の柳沢に加え玉田が入ってますね。ジーコの会見だと少し引き気味から飛び出していく彼の良さを見たいということらしいです。名古屋の試合は今年はまだ見ていないので移籍&復帰後の調子はよく分かりませんが,アジア杯ぐらいのレベルまで戻さないとW杯は現状では厳しそうですね。個人的にはいつもどおり寿人の活躍が見たいのですが,今回は玉田のテストがあるんだとすれば出場は難しそうですね。
もう一つ気になったのが長谷部が呼ばれて今野が呼ばれなかったこと。もともと今野が負傷したから長谷部が呼ばれたはずですが,小野の国内復帰の影響でボランチの争いでは難しいんでしょうね。長谷部の場合は攻撃的MFもできますので,小笠原と組ませて4-4-2のボックスの前目でスタメンも有り得ますね。ジーコも小野はボランチの方が本職だから活きると言ってましたし,小野をボランチで使うんでしょうから。

今回は召集記者会見で珍しくスタメンの話が出てないので予想でも立ててみますか。

 久保,柳沢,小笠原,長谷部,小野,福西,加地,宮本,中澤,三都主,川口

つまんねぇ予想になったなw
でも,ジーコだとこうなんだろうなと思います。あれだけボロクソ言われてもアレを外す気配ないし,エクアドルにもまたもや左サイドの裏のスペースを蹂躙されるんでしょうねぇ。困ったものです。
4バック自体は今の世界の主流ですから異論はないです。3-5-2だと俊輔とヒデの併用で無理が出ますし,国内組だけとは言え,W杯を見据えた練習試合なんで4-4-2を選択すべきでしょう。

ちなみに個人的な希望スタメンだと,寿人を柳沢の代わりに無理矢理入れて,アレの代わりに左SBで駒野を起用します。村井も所詮はWBだから守備面が不安なんでね。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-23 11:21 | 日本代表
負けてなお『降格組恐るるに足りず』
我らがベガルタは残念ながら柏に負けてしまいましたね。
敗因はご存知のとおり村上の負傷退場とチアゴのレッドカードです。
村上の代役の磯崎も守備面ではそれほど問題があるわけではないけれど,村上のような攻撃力のある選手ではないので,序盤は柏を押し込んでいた左サイドが逆に押し込まれてしまったのが痛かったですね。村上の退場前後で両サイドの位置取りとボールの支配率が明らかに違いましたし。
それとチアゴの退場ですが,あれは柏の作戦勝ちかと。序盤から意図的に感じるほどブラジルトリオを削りに削りまくって3人のストレスを溜めさせてましたし,VTRを見た限りでは,チアゴが突き飛ばす直前に,絡んだ柏の選手が何かを言いながら右手でチアゴを払うような仕草をしていましたね。恐らく「早くどけよ」とか言ったんでしょうが,何を言ったかが日本に着たばかりの21歳の外国人に理解できるわけもなく,ましてや優勝候補と言われるはずのチームが自分にするのはファールばかりで侮辱されたとでも思ったんでしょうね。それでも手を出したらいけないのは勿論ですが,嵌められた感じもあるだけにこれを反省材料に今後気をつけてくれれば良いんじゃないでしょうか。
また,この試合で課題だったのは両サイドの出来。サンタナの目指すサッカーは両サイドの強烈な押し上げありきであり,ブラジルトリオが封じ込められたのは,村上退場以降は両サイドで相手に押し込められてたためにサポートが出来なかったことだと思います。そう考えると次節は代役の磯崎には頑張ってもらわないと困るんですよね。まぁ相手がカウンターサッカーの湘南だけに,裏さえケアしておけばかなり高い位置取りができるはずですが。

それにしても私が感じるに,柏は大して強くないんじゃないですか?
ブラジルトリオに対して数人で囲ませておきながら,あれだけファールが多くなったのは全然余裕がなかったの裏返しと言えます。
攻撃面に関してもほとんどの決定機に絡んでいたディエゴだけ抑えれれば封じ込めることも可能かと。無論点を取ったから言ってるんじゃなくて,それ以外のプレーが柏では群を抜いて(チアゴ退場前では唯一?)危険だったということです。得点は別に彼でなくてもよく,頑張った彼への御褒美でしかないかと。
そんなわけで試合内容を見れば,少なくともスポーツニュースで報道されているような『首位快走』とはかけ離れている出来でしたね。チアゴが退場しなければ勝てない相手じゃなかったし,『降格組恐るるに足りず』と言っても過言じゃないかと思います。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-20 11:55 | ベガルタ仙台
WBCを見てジーコの指導方法を思いだす…
WBCは韓国にまた負けましたね。
そこで気になったのが最終回の西岡。確かに彼は1点差にするHRを打ちましたが,これでは全然駄目ですね。彼に求められた役割はHRではなく出塁することだったんですよ。HRを打って1点差でランナーなしでは投手にプレッシャーがかかりません。HRを避ける配球をすればいいんですから。俊足の西岡が塁にいることで投手は打者に集中できない環境になり,変化球が少なくなることで金城も打ちやすかったはずです。例え金城が同じ結果でも,俊足のランナーがいる状態で松中を迎えれば,松中も単打ではなくHRを打てる確率は確実に上がったはずです。ソロHRを重ねるだけでは勝てないのはここ数年の巨人と同じで通用しないんだということを彼にはもう少し考えて欲しかったですね。ソロHRで同点にならないのなら,頭を使ってHR以上の結果を求めるべきだったと私は思います。異論反論はあるでしょうが…。

最初はもう少しいろんな指示をすると思っていたから,なぜ注意をしないのかジーコに聞いたことがあるんですよ。そしたら彼は「人に言われてやるより,本人が気づいて動く方が値打ちがある。チームでどう生きるか,自分自身で考えることが大事だ」と言った。

川淵キャプテンとジーコの会話でこんな話があったそうです。西岡はまだ若いですが素質のある選手ですから,HR打てたから結果オーライではなく,遠回りに見えるかもしれないが状況に応じた最良の結果を求めて『考える野球』をやって欲しいですね。幾ら何本かHRが打てても頭を使えなければイチローや赤星を超える1番打者にはなれませんから。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-16 15:40 | 日本代表
試合の入り方の差
最近見たJ1の試合で一番面白かったのが鹿島vs広島戦。守備面から考えると点が入り過ぎですが,お互いの攻撃の良いところが随所に見られ非常に緊張感のある良い試合でしたね。
第1,2節ではその他に横浜vs鹿島とか新潟vs東京とか大阪ダービーとかも見ましたが,これらの試合は本来の実力差とは違う次元の『その試合での勢い』の差が出たような試合で,何か片方のチームが試合に上手く入れないための得点差みたいな感じがしますね。シーズン序盤だからなのか,W杯を意識している選手が多いせいなのか分かりませんが,今期のJ1に大量得点差の試合が多いのもそうなのかもしれません。
川崎Fは次節が甲府だけにまた上手く試合に入れたら5,6点取っちゃうかも。一度こけたら普通に戻ると思うんですけど,どこまで確変が続くことやら。
ちなみにW杯中断までの上位争いの私の予想は,本命 横浜,対抗 浦和,連下 鹿島,大穴 大宮です。なお,中断後は選手の移籍状況を見ないとどうにも予想しようがないのであしからず。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-14 16:45 | Jリーグ
クレスポ調子良さそうだね
CLのチェルシーvsバルセロナの2戦目見ましたが,1戦目ほどは面白くなかったですね。
2点を取らなければならないチェルシーはフォーメーションの試行錯誤が巧く回っていたとは言えず,後半にクレスポが出て少し面白くなったぐらい。モウリーニョはドログバとクレスポの同時起用はしないようですが,こういう時こそ見たかったかな。日韓W杯でアルゼンチンがバティとクレスポを併用せずに負けたのをちょっと思い出しました。ロッペンのトップ下起用も持ち味を出せているとは思えず,1戦目にああいう負け方したのが尾を引いてチェルシーらしさが出せなかったと見るべきなんでしょうね。
バルサも早々にメッシーが負傷交替して,替わりのラーションがいい味を出してた分だけマシだったとは言え,やはりバルサにはもっと積極性のある試合をして欲しいですね。ロナウジーニョの驚異的な個人技で挙げた得点と終盤のエトーのポストに当たったシュートは凄かったですが,守備面でも怪しいところがあったし,相手が10人で楽に試合をしていた1戦目と比較するとドローでもいいやという雰囲気が感じられたのが残念でした。
次戦は相手に恵まれベンフィカですが,メンバーを落とすことなくクォリティの高い試合を見せて欲しいものです。チェルシーとマンUがいない今,スカパーの契約上バルサとアーセナルしかCLの試合が見れないもので。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-14 16:40 | 海外サッカー
日本代表と女子マラソン
「選手達はこれからWC本番までの3ヶ月、いったい何を目的に練習や試合をやっていくのだろうか? WCの代表選手に選ばれる為?自分自身が代表で良いプレーをする為?それとも、WCで勝つ為?」

ヒデが土曜日にHPに書いていた言葉ですが,確かに日本代表候補の選手達の言葉を聞いていると考えさせられますよね。実際,俊輔やヒデを除くほとんどの選手が「WCの代表選手に選ばれる為」か「自分自身が代表で良いプレーをする為」にやっている気がしてなりませんから。

話が飛びますが,これを読んだ次の日に名古屋国際女子マラソンをやっていた訳ですよ。
私は初マラソン世界新記録を出した2001年の大阪国際女子マラソンから渋井陽子のファンでして,ポテンシャルは世界トップレベルで高橋尚子や野口みずきにも負けていないとそれから常々言い続けてました。しかし,度重なる風邪,鼻炎や怪我による調整不足で例のベルリンマラソン以外まともに走れてなかったので,今回は並々ならぬ期待を込めてレースを見ていました。
そしてあのレース展開。北京五輪で金メダルを取ることを目標にレースをしている渋井陽子と引退も考慮しながらマラソンで1勝することを目標にしていた弘山晴美。過去の実績を考えれば現状で二人にそれほどの実力差はないわけで,ヒデの言葉を考えれば,このレース展開はまさに『見ているところの違い』なのかと思い,渋井の未来に期待をこめて見ていました。

・・・そう,1時半頃までは。。

そしたら30km過ぎからペースダウンして終いには負けてしまったじゃないですか。それも2月20日に発症した座骨神経痛のためにレース後は右脚を引きずるほどだったとのこと。

また故障ですかい。

こうなってくると私のポテンシャル理論も意味はなくなってくるもので,一昨年のベルリンぐらいしか説明する材料はないわけですから,他人に納得してもらうのが大変困難(もっとも以前から毎回調整できないんじゃ駄目じゃんって言われてる…)。
それでも私は応援し続けますがね。北京まではまだ時間がありますから。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-13 13:12 | 日本代表
今年こそ念願のJ1復帰
1週間出張に行っている間に色々と書きたい事があったわけで,数日かけて書こうかな。

まずはベガルタ仙台の初戦快勝。残念ながら中継もなく試合自体は見れなかったのですが,資金を大量に投入したブラジル人トリオが機能し3人で4得点という結果には満足です。ただ試合評を見るともっと取れるチャンスはあったようでその辺の決定力は上げて欲しいですが,新監督でシーズン初戦のアウェーという事を考慮すれば十分な結果ではないでしょうか。期待通りに徳島がヴェルディに惨敗して迎えた最高の環境だけにやってくれなきゃ困るところではありましたが。
また,うまい具合に初戦勝ったチームがコケてくれたし,今週末の柏戦で勝つことが出来れば,その後は平塚,愛媛と連勝できる可能性もありますし,ベガルタがスタートダッシュするのに十分な状況ですね。柏も能力の高い若手が多いですが,ベガルタも経験とホームの環境を加味すれば遜色ないですし,やってくれるに違いない…と期待してます。
個人的には25日の愛媛の試合に行けたらとは思うのですが,現状一緒に行ける人がいないので…。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-13 11:33 | ベガルタ仙台


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧