<   2005年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
米国戦を見据えて…
昨日は寿人の話だけ書きましたので,今回の代表全般についてですが,守備陣はいつもの面子で面白みがありませんね。中澤と茂庭以外は相変わらずの170cm台のCBばかりで,W杯同組のオーストラリアやクロアチアに対抗できる気がしません。その辺はマリノスの松田や川崎の箕輪を戻せば打開できると個人的には思いますが。また,4-4-2主体でCBのレギュラーが2人であるのなら,中澤と宮本の控えとして,坪井や田中誠ではなく先の二人か茶野(怪我してるのかな?)か闘莉王(帰国中)を選ぶのが妥当かと思います。
4-4-2主体との話であれば両サイドもWBではなくSBの選手を選ぶべきで,村井や三都主は不要ではないかと思えます。個人的にはヴェルディの相馬を是非呼んで欲しいな。実際WBであれば松井や小野でも務まりますからね。
中盤は無難な常連に加えて長谷部の選出。国内組だけだと小笠原が欠けたときに攻撃的な選手が足りないので,攻撃も守備もこなせる長谷部の選出は面白いと思います。海外組が戻ると厳しいでしょうが,W杯メンバーに残れるようなアピールをして欲しいですね。
前線は久保の復帰と寿人の初選出に限るでしょう。巻も確かに良い素材ですが,久保が完調なら高原がバックアッパーとしていますから。師匠は…Jですら出場機会がほとんどないのに何故?
それと今回の遠征で是非とも国内組での4-4-2を試して欲しいです。ボランチからDFラインに関しては海外組を含めても出場の可能性がある編成ですので,SBやボランチの攻撃参加時におけるカバーリング等の守備面の充実を図るには良い機会ですからね。
そんなわけで個人的な先発希望を書いてみますと,前線が久保と寿人,中盤が頂点に小笠原,右に福西,左に遠藤,底に長谷部の3ボランチ,DFラインは右から加地,宮本,中澤,駒野,GKが川口。イタリア代表やミランが採用している4-4-2で,長谷部をピルロ役に抜擢しているのが最大のポイントです。
ちなみに海外組が入ると頂点に俊輔,右に福西,左に小野,底に中田英になるのかな。守備面がかなり怪しくなりますけど,技術的に世界と張れる3人を入れてDF陣の低さを考えるとこうなっちゃいました。
まぁ国内合宿も米国遠征もまだかなり時間がありますので,それまで各自コンディションを整えて万全の状態で望んで欲しいですね。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-28 11:35 | 日本代表
祝・寿人代表初選出
佐藤寿人が日本代表に!!

このブログでも書いてましたが,以前から熱望していた佐藤寿人がとうとう日本代表に初選出されました。
海外勢不在に大黒の移籍と玉田の怪我が重なり,このチャンスしかないと期待してましたが,本当に呼ばれたとなるとまた何とも嬉しさがこみ上げてきますね。今年に入って広島に移籍した当初は結果が出ないために出場時間も少なく歯がゆい思いをしていましたが,浦和戦のハットトリックの頃から徐々にエース的な扱いを受けだして最終的には大黒を抜いて日本人最高得点(J1全体でも3位タイ)ですからね。ベガルタ時代から裏へ抜けるスピードとシュート技術には定評がありましたし,今回の他のFWメンバーがポストプレイヤー(久保はオールラウンダーですが…)だけに米国戦で代表初デビューも十分に有り得るのではと期待させられます。

いやぁ,良かった良かった。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-27 10:22 | 日本代表
モチベーションの高さ
天皇杯も大詰めですね。準々決勝を2試合TV観戦しましたが,毎年引退や退団が目前の選手のモチベーションが微妙な色合いを見せていて不思議な感じがします。

C大阪 3-1 G大阪
今年は面白い試合をしていたのでガンバの試合をTVでよく見ていたのですが,33節の千葉戦も大黒&アラウージョがいなかったんですよね。今回のセレッソ戦もあの試合と同様に,ガンバが幾ら攻撃し続けても点が入る気配は全然感じられないんですよ。三木には状況を打開できる力はまだないし,フェルナンジーニョはこれまで以上に持ち過ぎて完全に囲まれてるし,ゴール前に幾ら放り込んでもブルーノ・クァドロスがいるセレッソの最終ラインを崩せる気がしませんでした。例えこれからマグノ・アウベスと播戸を獲得できても,この試合ほど来年の展望が暗くなる試合もなかったのではないのかなと思います。
それに引替えセレッソはカウンターからシンプルな繋ぎで確実にチャンスをモノにしていましたし,生涯最高のシーズンを過ごした西澤などがいなくなる可能性の高い来年もそれなりにやれそうな雰囲気がありましたね。

大宮 1-0 鹿島
選手の「個」に頼った技術的にレベルの高い鹿島に対して,誰かがいなくても多分分からないぐらい組織的な大宮との試合は非常に対照的で面白かったですね。大宮の守備の意識は全員が高くて,「格」の違いを感じさせないモチベの高さが見えていました。まぁ一番のモチベはこれかもしれませんが…。

 「これで賞金が出るんだってよ」「イエーイ!」。ロッカールームからは、明るい叫び声が響いた。

しかし,三冠達成という明確な目標があった2000年の鹿島以外は年間王者が天皇杯の決勝に行ったことはなく,ここ最近は微妙な決勝の組合せになることが多いですよね。そういう結果だけを見ると以前見た記事が現実味を帯びて嫌ですよねぇ。昔はJSLは見たことない人でも天皇杯決勝だけはTVで見てた時代もあったのに。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-26 10:56 | Jリーグ
ボルジェス
ボルジェス選手完全移籍加入のお知らせ』がベガルタの公式HPに掲載されてますね。
河北新報に拠れば『ボルジェスはブラジル選手権で19得点を挙げたストライカー,J2では異例の大物獲得』らしく,京都と争っていたことを考えれば本物なのかもしれませんが,完全移籍に3億円との噂もあり,それだけの金をどこから捻出したんだい…という素朴な疑問に駆られますね。しかもそこまで出すなら最低30得点はクリアしてもらわないと割に合わないですからね。
さらに元ブラジル代表FWのロニもジョエル・サンタナのリクエストで獲得する方針らしいですね。お金の積み具合からしてジョエル・サンタナの就任の条件なのかな?随分と譲歩してまで監督に就任させたいようですから,ジョエル・サンタナの早めの決断を願いたいです。
また,山形のボランチの大塚を狙っているとか色々と噂が流れてますが,そんなことする以前にシルビーニョ,富沢,根引の3人に力を入れて引き留めて欲しいな。熊谷の引退でボランチを補強したいのは分からなくもないですが,監督が決まっていないのだからシステムが決まらない訳だし,どうなのかなって思っちゃいますよね。

【17:14追記】
先程ベガサポの上司と話をしたら,ロニは家庭の事情とやらでポシャったらしいですね。それでジョエル・サンタナの希望する第3の選手と交渉中らしいです。
それと来年のベガルタのカレンダーの10月が財前,11月がバロン&シュウェンクらしいです。東北ハンドレッドやってくれますねw
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-21 13:55 | ベガルタ仙台
世界クラブ選手権の行く末
日本テレビ編成局スポーツセンター岡部智洋プロデューサーは「金銭的にはメリットはない」と言う。ではなぜ,放送権を獲得したのか。答えは1つ。大会の将来性だ。
岡部氏は「近い将来,この大会はクラブチームのW杯になる。カズさんも〝15年前にはW杯も誰も知らなかったけど,今はみんな知っている。だから,この大会も〟と言っている。可能性のあるコンテンツへの投資と考えている」と話した。(ワールドサッカープラス 世界のコラム

日テレの関係者はこのような夢物語を語っているようだけど,それは現状のルールでは有り得ないと断言できます。その理由を如実に語ってくれる結果がありますから。

今大会の観客数は,1回戦が2試合とも2万8000人台。この日はシドニー(オーストラリア)の三浦知良が出場したが,1万5951人にとどまった。期待された準決勝でも15日のデポルティボ・サプリサ(コスタリカ)―リバプール(イングランド)の4万3902人が最高だった。(デイリー

噂のある膨大な招待券を抜きにして考えても,とても観戦料で収益を出せるレベルではなく,これ自体『三浦知良』というジョーカーありきの観客数です。さらに今回の準決勝のレベルの差を見れば,来年は更なる観客数の減少が見込めるでしょう。予定調和で欧州-南米となった決勝を除けば。
大体こんな大会に3位決定戦や5位決定戦はそもそも不要です。W杯のように世界のサッカー強豪地域から複数の国が参加するのならともかく,相当な大陸間のレベル差があるのを見せつけられれば,3位決定戦が『この大会の3位』のクラブを決めるだけの試合であり,『世界3位』のクラブを決める試合でないことは,今回初めてトヨタカップをTV観戦したサッカーファン以外の人にも明白な事実であり,興醒めする代物でしかないのですから。もともとW杯にすら5位決定戦はない訳だし,無理矢理試合数を増やして放映権料を稼ごうとしてるのが見え見えで厭らしく映りますからね。

…なんてことを書いていたら,こんな素敵な発言を見かけました。

さすがは武藤文雄氏。
「いつかこの大会にベガルタが出るつもりで見なければ」という熱い気持ちに完敗です。
私ももう少しポジティブにこの大会の行く末を見ようと反省することにします…。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-19 10:51 | 海外サッカー
良い仕事してますね
クラブ選手権の決勝は良い試合でしたね。
サンパウロの世界レベルはシシーニョしかいないなんて書いて申し訳なかったですね。ロジェリオ・セニの昨日の超人的なセービングは間違いなく世界レベルだったし,アロイジオのパスもミネイロの冷静さもクラブ世界一を手にするに相応しいものでした。そしてラインコントロールの素晴らしいこと。リバプールの選手や監督がああだこうだ言ってますが,リプレイを見る限り,間違いなく全てオフサイド。特にFKでオフサイド・トラップを仕掛けるのなんてあのレベルでは久しぶりに見ましたからね。良いもの見たな…という感じでした。
また,負けたリバプールに関しても個人レベルでは素晴らしいものを見せていましたね。ルイス・ガルシアのあの身長であれだけやれるヘディング技術は本当に素晴らしいものだったし,シャビ・アロンソのフィード,キューウェルのスピード,モリエンテスの高さ,ジェラードの展開力も見ていて唸りまくり。やはりこのレベルの試合は面白いですね。
しかし,不思議なものですよね。普段プレミア見ててもここまで思わないのに。選手のモチベーションが違うんですかね?リバプールがかなり押し込んでいたからか分かりませんが,普段とは違う良いものが多分にありましたね。
これでサンパウロもリバプールも『2度あることは3度ある』。リバプールの『3度目の正直』とはいきませんでした。でも,今年のチャンピオンズリーグもまたチェルシーとバルサが潰しあってくれますし,リバプールの選手たちはこれにめげずに来年も来日目指して頑張って欲しいですね。まぁ私が個人的に応援してるのはバルサですが。。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-19 09:53 | 海外サッカー
週給852万円のアルバイト
世界クラブ選手権の準決勝2試合が終わり,結果的に従前通りの欧州対南米が残りましたね。

サンパウロ(南米) 3-2 アル・イテハド(アジア)
良い試合でしたね。点数が沢山入ったからと言われるかもしれませんが,お互いの良いプレーが随所に見られてこれまでで一番噛み合った試合になったのが大きい要因だと思います。
序盤はサンパウロに押され気味だったアル・イテハドも途中からリズムが出てきて,初戦のアル・アハリ戦より質の高いプレーを見せていましたし,サンパウロもこれまでの南米チームの例に漏れず早めに日本に移動して試合に臨んでいるためコンディションが良く,南米らしい個人技とコンビネーションを見せてくれました。
ただ日テレが再三報道している「南米と各地域の格差が無くなった」という解釈はそのまま鵜呑みに出来るものではありません。アル・イテハドで目立っていたのもブラジル人がほとんどですし,それが他のチームにそのまま適用できるものではないからです。例えばアラウージョとフェルナンジーニョのブラジル人コンビがこの試合に出ていても通用したかもしれませんが,それがJリーグのレベルとイコールかと言えば,それは個人の資質に過ぎないからです。やはりアジア人エースの活躍で善戦して初めて格差を論じるべきではないのかなと思います。サンパウロにもシシーニョ以外には世界レベルの選手はいないですしね。
それとセニのFKを凄く惜しいと実況が騒いでましたが,あのシュートは縦回転がかかっていなかったので単なるミスキックですね。壁を越えなきゃいけない以上は,ああいう落ちないボールでは100回蹴っても入りませんから。ロベカルのFKみたいに壁の方から自発的に逃げてくれるなら別ですがw

リバプール(欧州) 3-0 デポルティボ・サプリサ(北中米カリブ)
1点目のレベルの高いパス交換からのクラウチのシュートとジェラードのボレーシュートだけで満足です。しかし,本当にジェラードの存在感は大きいですね。解説の誰かが言ってましたがジェラードのいるいないで全然別のチームに成り下がってましたから。そう考えるとイングランド代表もタレントだけは近年稀に見る布陣ですよね。
個人的にはシャビ・アロンソが好きですね。ああいう何気ないプレーが良いです。代表ももシャビが大怪我しただけに頑張りどころですよね。

ところで,昔から希望していた通りにロイ・キーンはセルティックに移籍しましたね。この週給4万ポンド(約852万円)と語られる大選手は果たしてチームにフィットするのか疑問です。現状のセルティックはボランチにペトロフとレノン,右に俊輔,左にマクギーディですね。やはりペトロフを1枚上げてボランチにロイ・キーンを入れるんでしょうか。個人的には中盤を3ボランチのダイアモンド型にしてペトロフとレノンの間にロイ・キーンを入れて俊輔トップ下が理想です。ジーコが模索しているイタリア代表やACミランのフォーメーションですね。無論スコットランドというお国柄を考えれば有り得ないスタイルですけど面白いと思うんだけどなぁ。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-16 12:44 | 海外サッカー
本日の見所(ちょっと愚痴)
日テレの報道を見ていて上戸彩の起用自体も疑問符がつくところではあるが,それ以上に「サンパウロはGKセニのFKが魅力」と何度も発言させていることに非常に違和感を感じます。セニがあのチラベルトと同等かそれ以上にFKの巧いGKであり結果を残しているのは事実ですが,チラベルトのいたベレス・サルスフィエルドもパラグアイ代表も当然それだけのチームではなかったし,今年のサンパウロもそれが最大の魅力のチームであるはずがありません。実際そんなものだけでリベルタドーレス杯を勝ち抜ける訳がないし,南米チーム特有の平均レベルの高い個人技とそれを活かすための戦術がまずありきだと思うんですがね。それを「セニのFK以外は見所無いですよ」みたいな報道内容で紹介するっていうのは,サンパウロの監督やセニ以外の選手に対して失礼だと思わないのか不思議で仕方ありません。
他にも「あるある対決」とか「世界のキングカズ」とか「地球一」とか色々勘弁して欲しい報道はありますが,チラベルトの再三の来日時と同じ様に日本のマスコミ報道ってそういうところのピントがずれてるんですよね。視聴率を稼ぎ様もない1回戦ならともかく,サンパウロの試合は茶番報道がなくても楽しめるだろうし,サッカーファンからすれば腹立たしいのは私だけではないと思うのですが…。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-14 17:02 | 海外サッカー
着痩せするのかな…?
ブログに俊輔の写真をつけていながらSPLの話題が無かったですね。都合により翌週末に見ていることもありますが,リーグ戦はほぼ全試合欠かさず見ています。

12/3の試合はサン紙スコットランド版が大絶賛してましたが,実際に非常に出来は良かったですね。ただマロニーがいないためにペトロフ以外に絶妙な飛び出しが少なくて,もっと噛み合えばな…という印象がありましたね。

12/9の試合も先制点のアシストもあり,前半だけならMVP級のプレーを見せてました。特に倒れながらのペトロフへのスルーパスは絶妙で,ペトロフらしからぬミスで得点を逃がしましたが秀逸でしたね。2点目のマロニーのFKも俊輔が蹴る気配たっぷりでGKが騙されたのが最大の要因でしたし,12/3に比べるとパスミスからピンチを招くこともありましたが,この試合の評価も高いのも納得できる出来でした。

最近のリーグでは守備も上達しましたね。レンジャーズ戦の3点目も俊輔のボールカットからでしたし,昔はパスコースを切るだけが俊輔の守備で,ボールを奪取するタックルなんて見たことも無かったですから。またフィジカルも上がっているみたいで,タックル喰らって無駄に倒れることも少なくなりましたからね。
もっとも骨太の私が182cm,72kgに対し,俊輔が178cm,69kg(73kgの報道もある…)だから,普通にその辺で見かけたら『痩せているけどがっちりした人』なんだと思います。さすがに競技場で遠くからしか見たことないから想像ですけどね。。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-13 14:48 | 海外サッカー
38歳の最大の武器はサポーター
世界クラブ選手権が始まりましたね。皆様もそろそろ日テレのしつこいぐらいの「地球一」にうんざりしてきたところでしょうか。

アル・イテハド(アジア) 1-0 アルアハリ(アフリカ)
事情により前半しかTV観戦できなかったのですが,前半だけで言えばアルアハリの方が私好みの繋ぐ良いサッカーしてましたね。予想以上に技術が高くて正直驚きました。単なる思い込みなんでしょうが,アフリカの国内リーグは有力選手の大半を欧州に出しているイメージがあったので。まぁ北アフリカなので組織力のあるチームなのは理解できましたが。
勝ったアル・イテハドは選手の強引な獲得&登録期間違反という荒業ばかりが強調されていて,前半だけ見る限りよく分からないチームでしたね。サンパウロが相手と考えると正直興味が持てません。

シドニーFC(オセアニア) 0-1 デポルティボ・サプリサ(北中米カリブ)
戦前は中米特有の速いサッカーについていけないだろうなと考えていましたが,シドニーFCは予想を覆す大健闘。最後はクラッシャー上川の暴走に巻き込まれていましたが,ヨークを中心にシンプルに繋いでかなり攻め込んでいましたね。何より三浦和良のフル出場でスタンドの9割を味方にしていましたから。
サプリサはGKとの1対1を何本も止められた決定力は問題としてもやはり速い。次試合はリバプールですが,クラウチの高ささえケアすればシセの速さにも十分対応できそうですし,好試合が期待できそうです。勝つのは難しいかもしれませんが…。

今回の日テレの報道見てて思うんですが,あの局にアル・イテハドがアジア代表だという意識は感じられないですよね。ゲストの二人からしてリバプールとサンパウロのユニ着てますし,報道も補強金額の話ばかりでアジア意識は皆無でした。やはりJが出ない以上は国内の盛り上がりは難しいんでしょう。正直このままでは世界クラブ選手権が大成功…というのは厳しい気がします。FIFAは従来のトヨタカップ以上に放映権料が稼げるこの大会を是が非でも継続したいんでしょうが。。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-13 11:45 | 海外サッカー


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧