カテゴリ:Jリーグ( 15 )
友近聡朗選手と「Jリーグ百年構想」
愛媛FC ズーパー友近 Road to J

今年で愛媛FCを引退する友近聡朗選手のブログです。

サポティスタにリンクが張られていたので読んだ方も多いでしょうが,これは本当に素晴らしい考え方ですよ。他サポの方も国内リーグには興味無い方も是非一度読んで頂きたい文章です。
私はこの方以上に「Jリーグ百年構想」について素晴らしい意見を述べている人を見たことがありません。恐らくサッカー協会やJリーグ幹部の中にもこれだけのことを考えている人はいないでしょう。つまり,「Jリーグ百年構想」を構想した方々以上に百年構想を理解し,それを分かり易く表現しています。
下部リーグから苦労し,ドイツでも選手生活を送った経験が友近選手にここまでの考え方を植え付けたんだと思いますが,サッカーがどうしたら地域に根付くか,地域に根付くとはどういうことなのか,本当に素晴らしい意見です。

願わくば,サッカーを愛する全ての方がこの友近選手の意見に共感し,日本という国に本当の意味でサッカーという文化が根付きますように…。

そう素直に感じることができました。
友近選手お疲れ様でした。そして,ありがとうございます。
[PR]
by wandering_devil | 2006-12-05 13:28 | Jリーグ
元Jリーガーの振り込め詐欺
サッカーそのものとはほとんど関係が無い話ですが,元コンサドーレ札幌の斉川雄介が振り込め詐欺で捕まったようですね。大学生ながらJと契約してお金貰ったので金銭感覚がおかしくなったのか,何とも底が浅い行動ですよね。

何でこんな話を書いてるのかと言うと,夏に実家に帰った際に,母親からうちの実家にも電話があったとの話を聞きました。
『兄貴が京浜東北線で痴漢で捕まったけど示談で済ませてあげるからお金を振り込め』という鉄道警察からの電話だったそうで。
まぁ兄貴の名前の読み方を間違っていたし,そもそも兄貴は自家用車通勤なので京浜東北線に乗るわけが無いので,直ぐにおかしいと思ったそうですが,わざわざ兄貴を名乗る涙声の男まで電話に出たらしいですね。
それで親父に相談するから連絡先を教えてくれと言ったら切られたみたいです。

他でも連絡先を聞いたら切られたという話を聞いてますし,振り込む前に相手の連絡先を聞くのが一番みたいですね。
私は息子がいるわけでもないので当面は参考にもならないですが,男性の皆さんは自分の親に是非教えてあげてください(笑)
[PR]
by wandering_devil | 2006-09-25 16:19 | Jリーグ
審判委員会が家本を裁く!
正直,日本では有り得ないのではと思っていたニュースが…。
Jリーグ1部(J1)は12日、東京都内で実行委員会を開き、判定基準が問題視されている家本政明主審(33)に対し、日本サッカー協会審判委員会が1カ月の研修を課したことが報告された。
 家本主審は6人いるプロ審判のスペシャルレフェリー(SR)の一人。
今季のJ1で14試合を担当したが、8月30日の鹿島-名古屋戦での判定に一貫性がなかったため、事実上の休養処分を受けた。松崎康弘審判委員長は「研修は積極的に立ち直らせるためで、1カ月後に適性を判断する」と語った。

日本の審判委員会も捨てたもんじゃないですね。
今まで家本に煮え湯を飲まされたJクラブは数知れず。両チームの監督,選手,サポが荒れた試合だってありますから。ベガルタも今期もやられてますし,本当に良かったと思います。できれば,是非「適性なし」の判断を下してもらいたいものですね(笑)
ついでに先日の早川君にも研修をお願いしたいものです。
[PR]
by wandering_devil | 2006-09-12 22:27 | Jリーグ
ロッソ熊本の準加盟からJ2の過密日程を考える
ロッソ熊本のJリーグの準加盟が認められたそうです。あまり認識されてない方も多いでしょうが,これは大変なことなんですよ。
ロッソ熊本は現在JFLの2位であり,このままだとJ2に昇格してしまうんですね。
もの凄く熊本の方に失礼な言い方になっていますが,熊本がどうこうじゃなくて,J2にとってはこれが大きな問題なんです。熊本に新しい日が射したことはとても素晴らしいことなんですけどね。
何しろJ2には現在13チームが所属し,12チーム×4クール=48試合という馬鹿げた試合数を1年間に消化しています。これが14チームになってしまうと,13チーム×4クール=52試合とまぁ有り得ない試合数が1シーズンに用意されることになります。今年ですらW杯期間中も関係なく試合を消化するような日程が組まれていますし,ナビスコがないとは言え天皇杯はJ1チーム程は優遇されていないので,シーズンが終わっていない段階で天皇杯を消化しなければなりません。12チームのSPLはレギュレーションを工夫することで試合数を抑えてますし,Jリーグも何らかの検討をする時期が来たのではないでしょうか。
そして,この長期の過密日程のために怪我人が増えています。地元に密着したJ2に多い本当の意味でのクラブチームには予算がないので,緑とか黄黒とか黒白とかのああいう企業チームとは違って,怪我人出ればJ1から選手引っ張ってくればいいとか,外人が使えないなら新しい奴連れてくればいいみたいな金満政策は取れないんですよ。このためにチームの選手格差は開く一方で,過密日程はクラブチームが企業チームと互角に戦う足枷にしかならないと私は昔から常々感じていました。これは絶対的に日本サッカー界のためにならない悪循環だと思います。
ちなみに私はベガサポなのでJ2の中ではマシな方ですから僻んでいるわけじゃなく心配しているだけです。ベガルタ以上に地元に密着し,企業チームからクラブチームに移行した唯一のチームである浦和を羨ましいとは思いますが,J1や海外から幾ら選手取ってきても監督が駄目すぎるために順位がいつまでも上がってこない某企業チームなんか羨ましいと思ったこともありませんから。

今の話と関連して,J2に潜在する大きな問題点がもう一つあると私は感じています。
それは現状で降格することがないこと。
今のJ2ではどれだけ酷くても降格することはありません。このために昇格ができる様な状態でなければどれだけ負けたっていいんです。無論負けたい選手なんているわけもないですが,引き分けを狙う必死さすら伝わってこないことがあるんですよ。
ベガルタは今シーズンも昇格を争っているから余計に気になるんでしょうが,試合中に不思議な光景をよく見るんですよね。
例えば先日の水戸戦で言えば,前半0-2という展開にも関わらず選手が前に出てこない。2点差で負けているにも関わらずズルズル亀のように自陣に篭るサッカーをやるわけですよ。さすがに監督がハーフタイムにはっぱをかけたようですが,これは他の下位チームでも見られる光景です。
また,1-3で負けてるロスタイムにまだ3分残っているにも関わらず,自ボールのスローインの場面でスローインを入れに行った選手がボールよりも先に給水ボトルに手をかけていました。降格を争っているのなら有り得ないですよね。どうせ追いつけないから無理に努力する必要はないということなんでしょう。どうせ負けてもJ2から落ちることはないですしね。
下位チームのこういう姿勢は上位チームには傍迷惑だし,本当にサッカーを駄目にします。そして水戸からわざわざ応援に駆けつけたサポに対する愚弄以外の何物でもありません。
これを考えると,最下位の入替戦でもいいから,何らかのJ2からの降格ルールが必要だなと正直思いますよ。
[PR]
by wandering_devil | 2006-08-16 10:44 | Jリーグ
オールスター?
書いてませんでしたが無論見ましたよ、J1のオールスター。
ベガサポにしてみるとロペスの出てないオールスターはJ1のオールスターに過ぎない訳です。

前置きはともかく恐ろしく退屈な試合でしたね。
私の買ってる内田と大悟がいいプレーを見せてくれましたが、W杯組は中澤、小笠原、巻以外は何したいのかよく分からない程度の出来でしたね。
他ではバレーがやる気満々だったのが目立ったぐらいで(笑)

私が唯一生で見たオールスターが6年ぐらい前の宮城スタジアム。
ピクシーが本当に凄かったんですよ。
ああいうのが見れるのならオールスターやる意味もあると思うんですがね。
普段蹴らないDFやGKのFKなんてのは遊び心じゃなくて、質の悪い茶番に過ぎませんね。
ピクシーのプレーが観客の心に響いたのは質の高い遊び心があったからです。本当は小野や小笠原にそういうのを期待してたんですけどね。

これだったら、W杯に行った国内組vs若手・外人連合軍とかの方が選手のモチベ高くて面白かったのではないでしょうか。オシム来てたしね。

一応印象に残ったこと。
・3トップでは寿人は全く活きない。
・内田の左サイドは意外な程に秀逸の出来。
・大悟はやっぱり使える。オシムが気に入るかは別として。
・中澤の突破をああいう形でしか止められない宮本はやっぱり限界が見えてる。
・パウリーニョは張り切り過ぎ。
・2得点のバレーに日の目が当たらず可哀想。
・オシムはほとんど収穫なかった…のかな。
[PR]
by wandering_devil | 2006-07-17 22:52 | Jリーグ
J最速男
佐藤寿人が試合開始僅か8秒でゴールというJ最速記録を打ち立てました。上野のダイレクトパスも良かったのですが,自分とDFのスピードの差を活かした寿人のトラップが見事でしたね。
ベガルタはJ2で絶好調,俊輔も2冠を達成し自身もかなりの好調を維持,アイマールも無事退院し,応援しているチームや選手が良い感じになってきたので,個人的な今の願望はただ一つということで,トップの画像をエクアドル戦の寿人の画像に変えています。先の広島サポにとっても失礼なエントリでも書いたとおり『J最速ゴール記録保持者 佐藤寿人をドイツW杯に送り出そう!』プロジェクトです。無論プロジェクトと言っても,広島に応援行くわけでもなく,このブログでグダグダ言ってるだけですが…。
まぁ先日『例え広島が負けても』とは書きましたが,やはり寿人の印象を上げるためにも寿人のゴールで広島が勝つのがベストなんで,週末の試合も期待して応援してたんですがね。17位のセレッソに先制しておきながら,またしても勝てませんでしたね。5バックで固めて得点は前線の数人任せのJ2の様な試合運びは,チーム状況が悪いなりに前線にウェズレイと寿人という決定力のあるストライカーがいるから今はそれでいいのかもしれませんが,過去に優勝経験(降格経験もありますが…)のあるチームとしては少し残念な気がします。
寿人が以前にインタビューで『仙台へ行って大ブーイングで迎えられたい』と語っていたのは決してJ2の舞台を指しているのではありません。ベガルタ仙台が今年昇格して,ユアスタでJ1の舞台でベガルタvs広島戦をやりたいと願っているのです。そのためにもベガルタの昇格だけでなく広島の残留も必須です。どうか寿人の願いを叶えるためにも広島も頑張ってください。

しかし,昨日寝る前に『広島が降格したら寿人をベガルタに引き抜けるかも…』とか妄想してしまった私はやはり広島サポから批難されるべき人間かもしれない。。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-24 14:05 | Jリーグ
レッズを止めたのは家本?
横浜FC戦でもボルジェスを苦しめていた家本審判ですが,今節も大活躍でした。浦和vs清水をTV観戦したのですが,清水の2点は賞賛されるものであるとは言え,浦和を本当に苦しめたのは不可解な笛のオンパレードとイエローカード7枚の縦断爆撃(清水は2枚)。あまりにイエロー出し過ぎて,坪井に2枚目出してから,1分ぐらいしないと2枚目だと気づかない始末。レッド貰った坪井も退場するときに,「はいはい,またかよ。勝手にしてくれよ。」とでも言いたげな表情をしてましたが,せめてカードに誰に出したか分からなくならない程度に出して貰いたいものですね。ついでに言えばワシントンにあげたPKもかなり『やり過ぎ』ですがね…。

そこで,家本審判が信じているだろう勘違いを3つほど指摘したい。

その1:ペナルティエリア内で誰かが倒れたら,PKを宣告するかシミュレーションでカードを出さなければならない。

その2:外国人(アレも含む)は常に審判を欺こうとしている。

その3:審判の威厳を保つためには即座にカードを出さなければならない。

馬鹿馬鹿しいのでそれぞれに説明なんぞ要らないでしょうが,ちょっと怪しいプレーぐらいは流して,後で口頭注意すれば足りるもの。試合の流れを断ち切るそのジャッジこそが選手のリズムを崩してファウルを増やす原因となりかねないことを認識してもらいたい。また,多過ぎるカードは『審判としての試合を仕切る能力の無さの証明』であって恥ずべきものだとどうして気づいてもらえないのか不思議です。あれだけカードを出せば選手や監督やサポーターはその審判に不信感を持つから余計に威厳なんぞ無くなるに決まっているのに。

ちなみに今節はSRではないのに4試合でイエロー16枚,レッド1枚出してる扇谷審判も大活躍。大宮vs大分の試合で家本に負けず劣らず9枚放出していました。こういう審判が増えるのも問題です。

(11:48 追記)
坪井の退場ですが,どうやら「忘れられていたんで自分から“2枚目”と言いました」とのこと。そりゃサバサバした表情で退場するわけだ。アホらしくてやってられないでしょ。
そういえば同記事で,「僕だからシミュレーションになったと思う。そのイメージを消すことができない。」とのアレの発言が載っていますね。やはり当人達もそう感じてたんですね。FIFAが人種差別を問題視してますが,家本のジャッジもそれに類して罰してくれないかなw

もう一つ。ポンテが試合後にレッドを貰ったようで,都合10枚のカードとなりました。。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-24 10:36 | Jリーグ
監督は桜の花びらとともに… (C大阪&広島 監督解任!)
大阪,小林監督を解任=後任に塚田育成アドバイザー

広島・小野監督,成績不振で辞任=後任は望月GKコーチ

早くもJ1の2チームが監督を解任しましたね。
昨年優勝争いしたセレッソが現在17位,昨年寿人を中心に7位と健闘した広島が最下位と戦前の予想を大きく下回る出来だけに仕方ないことだとは思います。
セレッソの試合はほとんど見ていないのでコメントのしようがないですが,広島は寿人を見るために何試合か見ていました。
昨年かなりジニーニョを中心に堅実に守っていた印象がありましたが,今年はその守備が完全に崩壊。前節の磐田戦などは森崎和の体調不良に戸田の出場停止もあって中盤の底ですらボールを取られる場面もあるなど本当に酷かったですね。その上,森崎和がいないせいでベットが下がり気味になり中盤から良いパスが全く供給されないし,ポストもできて得点能力もあるウェズレイが怪我で欠場してるために攻めの形が全く作れない。前田俊介がが入ってから少しはマシな攻撃がありましたが,寿人のシュートが0本だったことから分かるようにフィニッシュまでは到達していなかったわけで,打ち合いに敗れたとは言え,攻めの形ができていた開幕戦が一番良かったのではないかと思います。
このままだと寿人も点の取りようがないし,ジーコへのアピールも難しくなるので,折角アピールできたエクアドル戦のゴールも水の泡と消えかねません。
新監督は望月一頼GKコーチ。はぁ?…という感じの人事ですが,新たしい監督を探しやすいW杯中断期間までの繋ぎなんでしょうね。そんなものがあるのかもわからないけど,どんな形でもいいから負けたとしても寿人は結果を残せる仰天プランを検討してもらいたいものです。(←身勝手ですが,広島サポではなく寿人ファンなので…)

(4月19日追記)
このエントリを書いた後に巡回してたら予想以上にウェズレイの評判悪いですねw
確かに往年の動きは既に見せられないし,ポストといっても前線でフルタイムで起点になれるレベルじゃないし,守備面では全く機能していないのは事実です。そういう意味では上野優作の方が幾らかマシだとは思います。
しかし私が広島に期待しているのは勝利ではないんです。あくまで『佐藤寿人がドイツW杯に行くためにどれだけサポートが出来るか』なんです。
そのためには例え広島が負けても寿人がゴールすれば良い訳で,必要なのは1試合を通してゲームを作るための選手ではなく,どんな劣勢でも1人で局面を打開して寿人へのアシストが出来る選手なんです。そうなると上野優作ではもちろん役不足だし,ゴール前で強引なシュートが目立つ森崎浩でも,カウンターは得意でも相手に引かれたときに選択肢が少なくなる前俊でも駄目で,1試合に数回しか仕事をしないけど1人でどうにか出来るウェズレイが必要なんです。あくまでも寿人はニアで合わせる技術が日本一な選手でしかないわけですから。
もの凄く身勝手な意見だし,広島サポには間違いなく批難されるとは思います。
でも,既にチームは低迷していること(←更に余計なお世話)だし,W杯前だけでも『寿人をドイツへ送り出す』ためにチームがサポートして欲しいな…と勝手ながら思ってる単なる寿人フリークの我儘意見でした。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-18 17:20 | Jリーグ
横浜FCを見て日本社会を考える…
タイトルほどそんな重い話じゃないです。。

それはさておき,ベガルタの今週末の相手は横浜FCです。
先週は首位の柏を倒してますし,高木が監督に就任してから不思議なほどチームがうまく回ってますね。正直なところ指導者として素人の高木がコーチから昇格したところでチームの抜本的な改造ができるとは思えませんでしたし,そもそも高木は現役時代から理論派には見えなかったのでちょっとビックリしてます。ロートルではなくベテランがうまく若手と融合して頑張ってるんでしょうね。城が何シーズンぶりかに好調なのも大きいんでしょうね。
そんなわけで今節はJ2に在りがちな堅守カウンター戦術の相手ではありませんから,ベガルタも両サイドを大きく使って効果的に攻めることが可能です。それに今節は梁の怪我でルーキーの金子が先発するようですから,大事な2位との直接対決を制して欲しいものです。

そして本題ですが,高木が監督に就任した時のニュースで私が一番驚いたのはサッカー以外のことで,三浦和は高木監督より一つ年上なのですが,初日の練習から「たかぎ~!」と呼び捨てで呼んでいたという事実。
幾ら彼が海外経験が多いとは言え,ここは日本です。年下の監督に対して敬意を払わずに「親しみ」のみを強調することが他の選手に良い影響を与えるはずもなく,やり方として間違っていると言えます。郷に入れば郷に従えと昔から言いますが,よほどプロ野球の外人選手の方が節度を守って日本的に接しているでしょう。大人だと思います。
WBCの際のイチローが韓国に対して侮辱的な発言をした時にも思いましたが,どうも小さい頃から真剣にスポーツに取り組んできた人には,そういう社会性の欠如したところが見受けられるケースがあるようですね。どちらもそれぞれの分野で偉大な功績を残した人物だけに残念に思います。
先のサッカーのアジア杯を顧みれば『政治とスポーツは切り離すべき』なんていうお気楽な日本人の理想論は通用しないのは明白ですし,特に東アジアに対する発言は本当に気を付けて頂きたいなと思います。周囲には社会常識のあるスタッフが沢山いるわけですし,北京五輪ではアジア杯のような事態を見たくないですからね。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-14 15:23 | Jリーグ
試合の入り方の差
最近見たJ1の試合で一番面白かったのが鹿島vs広島戦。守備面から考えると点が入り過ぎですが,お互いの攻撃の良いところが随所に見られ非常に緊張感のある良い試合でしたね。
第1,2節ではその他に横浜vs鹿島とか新潟vs東京とか大阪ダービーとかも見ましたが,これらの試合は本来の実力差とは違う次元の『その試合での勢い』の差が出たような試合で,何か片方のチームが試合に上手く入れないための得点差みたいな感じがしますね。シーズン序盤だからなのか,W杯を意識している選手が多いせいなのか分かりませんが,今期のJ1に大量得点差の試合が多いのもそうなのかもしれません。
川崎Fは次節が甲府だけにまた上手く試合に入れたら5,6点取っちゃうかも。一度こけたら普通に戻ると思うんですけど,どこまで確変が続くことやら。
ちなみにW杯中断までの上位争いの私の予想は,本命 横浜,対抗 浦和,連下 鹿島,大穴 大宮です。なお,中断後は選手の移籍状況を見ないとどうにも予想しようがないのであしからず。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-14 16:45 | Jリーグ


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧