カテゴリ:海外サッカー( 32 )
スコットランド制覇からスペインへ…
そう言えば触れてませんでしたので久々に中村俊輔について。
先日のハート戦でCIS杯に続いてSPL制覇を達成しました。稲本のアーセナル(リーグ戦不出場)やヒデのローマ(準レギュラー)と比べて,リーグのレベルは落ちるものの中心選手としてリーグ制覇を達成した俊輔の実績は比較になりませんね。高校選手権決勝で神奈川県勢初優勝を懸けて望み市船に惨敗した桐光学園時代から,1stステージ制覇しかできなかったマリノス時代も含めて年間王者となったのは初めてですから,本当に良かったと思います。
そして気分よく迎えた昨日のキーマノック戦でも見事な2ゴール。1点目は右サイドからの美しいFK,2点目は流れの中でダブリンのヒールパスを貰ってエリア内でDFを交わして左足一閃。FKがここ最近はニアサイドにしか一切決まってないのが引っかかりますが,2点目は左サイドの組み立てに対しエリア内に2列目から飛び込んでおり,今後のW杯を考えるとその姿勢が高く評価できますね。
このまま怪我なく好調を維持してW杯に望んで欲しいものです。
また,本人の優勝後のインタビューでも来期の話が出ていますね。俊輔憧れのスペインからオファーが来ているらしく,アトレチコ,オサスナ,ビジャレアル,ラシン辺りとのこと。ラシンは残留争いはもう嫌だからと昨年蹴っていますし,ビジャレアルはリケルメがいるので,スペイン行くならアトレチコかオサスナかということでしょうか。俊輔からF・トーレスやミロシェヴィッチへの華麗なアシストとか見てみたいですね。バルサがいる以上は優勝はほぼ望めませんが中位以上のチームでやれるならスペインへ行くべきではないでしょうか。確かにセルティックならCL本戦直行(今年バルサかミランが優勝すれば…)でしょうが,その点オサスナでもCLに行けるチャンスはありますからね。年齢的にもラストチャンスからもしれませんから,W杯後は念願のスペイン挑戦を叶えて欲しいものです。

#追記
余談ですが,来期のCLですけど,UEFAのHPにセルティックの出場ステージにまつわる詳しい話が載っていたので記しておきます。そんなわけでセルティックは本戦からが濃厚。オサスナはレアルとバレンシアとの2位争い次第で予選3回戦からということになります。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-10 10:40 | 海外サッカー
クレスポ調子良さそうだね
CLのチェルシーvsバルセロナの2戦目見ましたが,1戦目ほどは面白くなかったですね。
2点を取らなければならないチェルシーはフォーメーションの試行錯誤が巧く回っていたとは言えず,後半にクレスポが出て少し面白くなったぐらい。モウリーニョはドログバとクレスポの同時起用はしないようですが,こういう時こそ見たかったかな。日韓W杯でアルゼンチンがバティとクレスポを併用せずに負けたのをちょっと思い出しました。ロッペンのトップ下起用も持ち味を出せているとは思えず,1戦目にああいう負け方したのが尾を引いてチェルシーらしさが出せなかったと見るべきなんでしょうね。
バルサも早々にメッシーが負傷交替して,替わりのラーションがいい味を出してた分だけマシだったとは言え,やはりバルサにはもっと積極性のある試合をして欲しいですね。ロナウジーニョの驚異的な個人技で挙げた得点と終盤のエトーのポストに当たったシュートは凄かったですが,守備面でも怪しいところがあったし,相手が10人で楽に試合をしていた1戦目と比較するとドローでもいいやという雰囲気が感じられたのが残念でした。
次戦は相手に恵まれベンフィカですが,メンバーを落とすことなくクォリティの高い試合を見せて欲しいものです。チェルシーとマンUがいない今,スカパーの契約上バルサとアーセナルしかCLの試合が見れないもので。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-14 16:40 | 海外サッカー
バルサ
週末にようやくCLのバルサ-チェルシー戦を見れたのですが,バルサの攻撃はやはり面白いですね。チェルシーに退場者が出てスペースがあるおかげもありますが,前線からのプレス,ボールの繋ぎ,アクセントになるドリブル,常にゴールに向かう積極的な姿勢という具合に一連の線になっていて,美しさと激しさが入り混じった攻撃に溜め息が出ますね。
ロナウジーニョもエトーもメッシーも無論もの凄く巧いのですが,個人的にはそれ以上にデコの出来が素晴らしく見えました。積極的なプレス,ボールの起点としての役割や2列目からの効果的な飛び出し等,ああいう選手がいてくれたら監督は楽なんだろうなぁ…とつくづくポルトガル代表が羨ましくなりましたね。
そういえばポルトガルはTOPにパウレタ,右にフィーゴ,左にC・ロナウド,TOP下にデコという布陣なんですかね?優勝候補とは言い辛いですけど,爆発する可能性を秘めた攻撃力は魅力ですよね。大きい大会では肝心な時になりを潜めることが多いですけど。
[PR]
by wandering_devil | 2006-02-27 18:11 | 海外サッカー
イタリアの王子とスペインの王様
トッティが骨折したらしいですね。ピルロと共に替えが利かない生命線だけに,リッピ監督としても頭の痛いところですよね。もっとも国を挙げて回復のバックアップをしようとしていますし,全治2~3ヶ月らしいから代表的にはW杯にはどうにか間に合う計算も立てられるでしょう。問題はローマの方。今シーズンも何試合か見てますが,大半の攻撃はトッティを経由しなければ機能しない状態ですから,10連勝でCL圏内の4位も見えてきただけに致命的な誤算ですよね。どうにかUEFA杯圏内には踏みとどまって欲しいものですが…。

それとは対照的にスペインではラウールが復帰。まだまだ本調子ではないでしょうが,レアル的にもCLとリーグ戦が終盤を迎えたこの時期にレアルの象徴が復帰してくれるは有難いことでしょうし,代表的にもこれでW杯までにコンディションが戻る計算が立つというものです。個人的にはレアルよりバレンシアやバルサの方が好きなので最近絶好調のレアルにこれ以上戦力が戻るのはちょっと残念なんですけどね。
ロナウドがまたまた騒いでいますがw
[PR]
by wandering_devil | 2006-02-21 09:35 | 海外サッカー
侍たちの挑戦は…続かないのか?
風邪引いて暫く途切れてましたが、その間に日本人の海外移籍の話が一段落着きましたね。
師匠がレッドスターへ逝き、小笠原が断り、今野の話が無くなり、小野が古巣に戻り、残りは中田浩のベーゼルが…ってぐらいで、柳沢と高原は移籍させてもらえなさそうですし。
やはりW杯の前だけに出場機会を考えた動きがあるようで。実際、ある程度のリーグで試合に普通に出てるのは俊輔と松井と平山だけですし。
他だと大久保が先週末をどう評価してもらえるか。結果出したし、デポル戦だけってこともないでしょうよ…と期待するとこですが。
[PR]
by wandering_devil | 2006-01-27 20:05 | 海外サッカー
キャプテン『カケル』
昨日は過去最高の181カウントもありまして。実に総カウント数の4割を占めてます。「サッカーブログ トラックバックセンター 」のトラバだけでこんなに行くとも思えませんし,どこか(2ch?)で晒されたんでしょうか?

それはさておき,今日最大のネタは『鈴木師匠へのレッドスターのオファー』だと思ってましたが,
『これ』が大黒の移籍したグルノーブルのマスコットだそうです…。

高橋陽一が書いているだけにどこから見てもキャプテン翼なんですが,幾らなんでも「カケル」は翼そのものでしょ。
高橋陽一もどういう考えなんだか分かりませんが,センスないか商売っけがあり過ぎるかのどちらかだとしか考え様がないですね。キャプテン翼は欧州でも人気漫画らしいですけど,それにしてもねぇ…。
[PR]
by wandering_devil | 2006-01-11 14:30 | 海外サッカー
世界クラブ選手権の行く末
日本テレビ編成局スポーツセンター岡部智洋プロデューサーは「金銭的にはメリットはない」と言う。ではなぜ,放送権を獲得したのか。答えは1つ。大会の将来性だ。
岡部氏は「近い将来,この大会はクラブチームのW杯になる。カズさんも〝15年前にはW杯も誰も知らなかったけど,今はみんな知っている。だから,この大会も〟と言っている。可能性のあるコンテンツへの投資と考えている」と話した。(ワールドサッカープラス 世界のコラム

日テレの関係者はこのような夢物語を語っているようだけど,それは現状のルールでは有り得ないと断言できます。その理由を如実に語ってくれる結果がありますから。

今大会の観客数は,1回戦が2試合とも2万8000人台。この日はシドニー(オーストラリア)の三浦知良が出場したが,1万5951人にとどまった。期待された準決勝でも15日のデポルティボ・サプリサ(コスタリカ)―リバプール(イングランド)の4万3902人が最高だった。(デイリー

噂のある膨大な招待券を抜きにして考えても,とても観戦料で収益を出せるレベルではなく,これ自体『三浦知良』というジョーカーありきの観客数です。さらに今回の準決勝のレベルの差を見れば,来年は更なる観客数の減少が見込めるでしょう。予定調和で欧州-南米となった決勝を除けば。
大体こんな大会に3位決定戦や5位決定戦はそもそも不要です。W杯のように世界のサッカー強豪地域から複数の国が参加するのならともかく,相当な大陸間のレベル差があるのを見せつけられれば,3位決定戦が『この大会の3位』のクラブを決めるだけの試合であり,『世界3位』のクラブを決める試合でないことは,今回初めてトヨタカップをTV観戦したサッカーファン以外の人にも明白な事実であり,興醒めする代物でしかないのですから。もともとW杯にすら5位決定戦はない訳だし,無理矢理試合数を増やして放映権料を稼ごうとしてるのが見え見えで厭らしく映りますからね。

…なんてことを書いていたら,こんな素敵な発言を見かけました。

さすがは武藤文雄氏。
「いつかこの大会にベガルタが出るつもりで見なければ」という熱い気持ちに完敗です。
私ももう少しポジティブにこの大会の行く末を見ようと反省することにします…。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-19 10:51 | 海外サッカー
良い仕事してますね
クラブ選手権の決勝は良い試合でしたね。
サンパウロの世界レベルはシシーニョしかいないなんて書いて申し訳なかったですね。ロジェリオ・セニの昨日の超人的なセービングは間違いなく世界レベルだったし,アロイジオのパスもミネイロの冷静さもクラブ世界一を手にするに相応しいものでした。そしてラインコントロールの素晴らしいこと。リバプールの選手や監督がああだこうだ言ってますが,リプレイを見る限り,間違いなく全てオフサイド。特にFKでオフサイド・トラップを仕掛けるのなんてあのレベルでは久しぶりに見ましたからね。良いもの見たな…という感じでした。
また,負けたリバプールに関しても個人レベルでは素晴らしいものを見せていましたね。ルイス・ガルシアのあの身長であれだけやれるヘディング技術は本当に素晴らしいものだったし,シャビ・アロンソのフィード,キューウェルのスピード,モリエンテスの高さ,ジェラードの展開力も見ていて唸りまくり。やはりこのレベルの試合は面白いですね。
しかし,不思議なものですよね。普段プレミア見ててもここまで思わないのに。選手のモチベーションが違うんですかね?リバプールがかなり押し込んでいたからか分かりませんが,普段とは違う良いものが多分にありましたね。
これでサンパウロもリバプールも『2度あることは3度ある』。リバプールの『3度目の正直』とはいきませんでした。でも,今年のチャンピオンズリーグもまたチェルシーとバルサが潰しあってくれますし,リバプールの選手たちはこれにめげずに来年も来日目指して頑張って欲しいですね。まぁ私が個人的に応援してるのはバルサですが。。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-19 09:53 | 海外サッカー
週給852万円のアルバイト
世界クラブ選手権の準決勝2試合が終わり,結果的に従前通りの欧州対南米が残りましたね。

サンパウロ(南米) 3-2 アル・イテハド(アジア)
良い試合でしたね。点数が沢山入ったからと言われるかもしれませんが,お互いの良いプレーが随所に見られてこれまでで一番噛み合った試合になったのが大きい要因だと思います。
序盤はサンパウロに押され気味だったアル・イテハドも途中からリズムが出てきて,初戦のアル・アハリ戦より質の高いプレーを見せていましたし,サンパウロもこれまでの南米チームの例に漏れず早めに日本に移動して試合に臨んでいるためコンディションが良く,南米らしい個人技とコンビネーションを見せてくれました。
ただ日テレが再三報道している「南米と各地域の格差が無くなった」という解釈はそのまま鵜呑みに出来るものではありません。アル・イテハドで目立っていたのもブラジル人がほとんどですし,それが他のチームにそのまま適用できるものではないからです。例えばアラウージョとフェルナンジーニョのブラジル人コンビがこの試合に出ていても通用したかもしれませんが,それがJリーグのレベルとイコールかと言えば,それは個人の資質に過ぎないからです。やはりアジア人エースの活躍で善戦して初めて格差を論じるべきではないのかなと思います。サンパウロにもシシーニョ以外には世界レベルの選手はいないですしね。
それとセニのFKを凄く惜しいと実況が騒いでましたが,あのシュートは縦回転がかかっていなかったので単なるミスキックですね。壁を越えなきゃいけない以上は,ああいう落ちないボールでは100回蹴っても入りませんから。ロベカルのFKみたいに壁の方から自発的に逃げてくれるなら別ですがw

リバプール(欧州) 3-0 デポルティボ・サプリサ(北中米カリブ)
1点目のレベルの高いパス交換からのクラウチのシュートとジェラードのボレーシュートだけで満足です。しかし,本当にジェラードの存在感は大きいですね。解説の誰かが言ってましたがジェラードのいるいないで全然別のチームに成り下がってましたから。そう考えるとイングランド代表もタレントだけは近年稀に見る布陣ですよね。
個人的にはシャビ・アロンソが好きですね。ああいう何気ないプレーが良いです。代表ももシャビが大怪我しただけに頑張りどころですよね。

ところで,昔から希望していた通りにロイ・キーンはセルティックに移籍しましたね。この週給4万ポンド(約852万円)と語られる大選手は果たしてチームにフィットするのか疑問です。現状のセルティックはボランチにペトロフとレノン,右に俊輔,左にマクギーディですね。やはりペトロフを1枚上げてボランチにロイ・キーンを入れるんでしょうか。個人的には中盤を3ボランチのダイアモンド型にしてペトロフとレノンの間にロイ・キーンを入れて俊輔トップ下が理想です。ジーコが模索しているイタリア代表やACミランのフォーメーションですね。無論スコットランドというお国柄を考えれば有り得ないスタイルですけど面白いと思うんだけどなぁ。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-16 12:44 | 海外サッカー
本日の見所(ちょっと愚痴)
日テレの報道を見ていて上戸彩の起用自体も疑問符がつくところではあるが,それ以上に「サンパウロはGKセニのFKが魅力」と何度も発言させていることに非常に違和感を感じます。セニがあのチラベルトと同等かそれ以上にFKの巧いGKであり結果を残しているのは事実ですが,チラベルトのいたベレス・サルスフィエルドもパラグアイ代表も当然それだけのチームではなかったし,今年のサンパウロもそれが最大の魅力のチームであるはずがありません。実際そんなものだけでリベルタドーレス杯を勝ち抜ける訳がないし,南米チーム特有の平均レベルの高い個人技とそれを活かすための戦術がまずありきだと思うんですがね。それを「セニのFK以外は見所無いですよ」みたいな報道内容で紹介するっていうのは,サンパウロの監督やセニ以外の選手に対して失礼だと思わないのか不思議で仕方ありません。
他にも「あるある対決」とか「世界のキングカズ」とか「地球一」とか色々勘弁して欲しい報道はありますが,チラベルトの再三の来日時と同じ様に日本のマスコミ報道ってそういうところのピントがずれてるんですよね。視聴率を稼ぎ様もない1回戦ならともかく,サンパウロの試合は茶番報道がなくても楽しめるだろうし,サッカーファンからすれば腹立たしいのは私だけではないと思うのですが…。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-14 17:02 | 海外サッカー


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧