カテゴリ:日本代表( 54 )
気分良く…
昨日のサウジ戦は良い試合でしたね。
最後までバテることなく,オシム監督就任後の試合の中で一番面白い試合でした。

何故こんなこと書いているかと言えば,昨日は仕事でリアルタイム観戦ができなかったために,NHK-BS1の放送をビデオ録画してたんですよ。BS1でご覧になっていた方はご存知だと思いますが,我那覇が2点目を決めた後ぐらいから津波情報に完全に切り替わってしまい,そこから試合終了までの”評判の悪い時間帯”を全く見てないんです(笑)
ですから,各個人で言えば不満の残る選手はいても,チーム全体の出来で言えば過去最高の試合と言っても過言ではない訳です。そういうことで,残りの話も”我那覇が2点目を決めるまで”限定の話として読んで下さいませ。

サウジが非常に出来が悪かったのか分かりませんが,例年サウジに苦しめられているような印象は昨日はほとんどなく,我那覇の安定したポストプレイ,両サイドバックの高い位置取り,啓太の安定した潰し,CB陣の効果的なオーバーラップ,アレと駒野のコンビネーション,展開力のあるサイドチェンジのパス等々,今までの酷い試合と本当に同じ選手がやってるのかと疑いたくなるような(今までと比較すれば)魅力的なサッカーを繰り広げていました。
特に我那覇は原さんが絶賛していたように前線できちんと溜めが作れる上にボールを失わないので,後ろの選手が上がる時間を作れていて,2得点(特に1点目のヘディングは美しい)は当然見事なゴールだったのですが,それ以上に攻撃を有機的に連動させる一番大きな要因を作っていましたね。
また,駒野もアレが内に絞ってできたスペースを何度も侵略し,普段の何倍も意味のあるクロスを上げていたのはちょっと見直しました。これを是非継続して,更にクロスの精度を上げて欲しいです。

このままひたすら褒め上げても良いのですが,一応気になったこと。
憲剛は何か若い頃の俊輔そっくりですよね。プレーの良いところも判断の遅さも無茶なパスを狙いすぎるところもスタミナの無さも。
巻はオシムの言わんとしていることは分からなくもないですが,あれだけ得点から見放されている選手は一度外した方がいいと思います。このままだとジーコの柳沢に対する扱いと変わらないというか,彼だけは特例(阿部もだけど…)と解釈されても致し方ないでしょう。

なお,いつも苦言を呈していた阿部と今野のCB起用ですが,PKの場面を除けば特に問題は無かったですね。これは私はサウジが深くエグってこなかったためと考えています。常々,阿部のCBでのプレイを見ていて一番気になるのがゴールエリアに横若しくはマイナスに入ってくるボールへの対応の軽さなんです。このシチュエーションだけはボランチの選手は慣れてないですから駄目なんでしょうけどね。

…ということで,報道やブログなどを巡回する限りは続きを見なくて良かったんだなと正直思いました。放送が中断したにも関わらず,これだけストレスを溜めずに代表の試合を見れたのは例のドイツ戦以来でしたから。
それとこれだけの試合をやった後に今まで一番辛口な会見をオシムが行ったのは面白いと思いました。その辺の使い分けが何か学校の先生みたいですよね(笑)
[PR]
by wandering_devil | 2006-11-16 18:48 | 日本代表
存在価値の感じられない親善試合
昨日はU-21日本代表の韓国との親善試合がありましたが,元々新しい選手の発掘というテーマを反町が掲げていたのもあり何とも微妙な試合になりました。

試合は前半最初から韓国が圧倒的な運動量をベースに中盤から激しいプレッシャーをかけ,奪ったボールをお国柄のスピードを活かした攻撃で確実にフィニッシュまで持っていくという素晴らしいサッカーを展開します。
これに対して日本はずるずるとラインを下げ,且つ3ボランチの両サイドがサイドに引きずり出されるためにバイタルエリアが常にがら空き。幾度もバイタルでフリーでシュートを打たれ,守備が軽いとかいうより明らかにヌルいものでした。新規召集のメンバーが多く,先制点のようなセットプレイの守備でマーキングにルーズなのは仕方ないと割り切るとしても,守備の各局面で技術・スピード・フィジカル・運動量の全ての面で劣っている上に,例え約束事がなくても最低限やらねばならないこと(例えば3ボランチの片方のサイドが引きずり出された時の反対サイドのボランチの中央への絞り方など)が全くできていないのでは勝負になるはずもなく,クロスバーやポストを味方にできなければ惨敗してもおかしくはありませんでした。内容は十分に『完敗』ですけどね。

日本の攻撃も前半はラインをあまりにも下げるために1トップのカレンが完全に孤立し,全く機能していませんでした。シュート数も1本ぐらいですけどそもそもバイタルにすらボールが入らないのではシュートまで行ける訳がないのです。
その理由として,日本の選手はさすがにそれなりの技術は持っているらしく,強めのパスでも誰もが足元できちっと止めるし,フリーでボールを蹴る際には質の高いキックを蹴ることができます。しかし大半の選手がそれだけなんです。基本的にトラップ→ルックアップ→判断→パスという過程しかできず,韓国の運動量が圧倒的だった時間は判断が遅いために寄せられてパスミスorカットされて攻撃が全く構築できませんでした。
ほとんどの選手がダイレクトではたけるのは後ろを向いて受ける楔のボールに対してだけで,柔軟性のある相手の先を取れる動きができているのは水野と(情けなくも)高校生の乾だけでしたね。この点に関しては谷口ですら全く駄目でした。
なお,A代表の中村憲剛もアイデアは豊富で質も高いのですが,プレッシャーのある状態ではこの過程を踏まねばできない傾向があるので,今日のサウジ戦では効果的なパスよりミスをする局面が圧倒的に多い可能性を危惧しています。

話がそれましたが,韓国が誇るゴールデンエイジもさすがにA代表の様に90分間豊富な運動量を誇ることはできなかったようで,60~70分過ぎには足が止まり,日本の両サイドが押し上げられるようになりました。このため更に韓国のラインは下がり,前線の質の高い選手に個人能力によるカウンターしか韓国の攻撃は見られなくなり攻守の主導権は交替します。日本は余裕を持ってボールを保持できるようになったために判断の遅さを補うことができ,また守備の負担が減った水野が輝きだします。そして彼を中心した流れの中から相手のクリアミスのオウンゴールで運良く同点に追いつく事が出来ました。
また,そんな中で投入された乾は守備の負担が軽かったせいか,その持てる技術を面白いように発揮し始め,少なくとも相手の運動量が落ちた時間であれば十二分に通用する技術を持っていることを証明できました。
しかし,反町の決断の遅さのために6人の交代枠に対して使ったのは3人のみ。それも津田の投入は残り5分であり,彼に経験を積ませると言うよりは彼にキャップ数を与えただけの投入で意味のない交代でした。
この親善試合の意味合いと交代枠の有効性をホン・ミョンボは十二分に理解していた反面,日本は1チーム1人と決められていたから仕方なく呼んだメンバーが大半なのだなという反町のメッセージしか感じられませんでした。ベガルタからも萬代が呼ばれており,試合前の報道ではスタメン濃厚だと伝えられていましたが残念ながら出番はなく,最初から構想外なのか紅白戦で見限られたのかはともかく今後呼ばれることはないんだろうと実感することができました。
実際のところ,出場した全選手の中で先日のU-19より確実に上だと感じられたのは水野1人だけで,今回の選手の中でU-21の底上げになるだろう選手も水野,谷口,カレン,乾ぐらいなんじゃないでしょうか。まぁ谷口やカレンの出来には全く満足できませんし,GKの松井もあのレベルでは西川からレギュラーを勝ち取ることは5年以内では不可能だなと思わせる程度でしかありませんでした。
昨日の試合も報道に拠ればポリバレントがどうだとか色々アホなことを書いてますが,オシム礼賛の流れを汲む亜流報道の域を脱しておらず,『1-1も内容は韓国に惨敗!』ぐらいの見出しすら出せないマスコミには相変わらず呆れるばかりです。

本日はJ選抜のサウジ戦がありますが,オシム自身がボロクソ言ってる程度のモチベーションしか選手が維持していないのであれば期待するだけ無駄なんでしょうねぇ。
[PR]
by wandering_devil | 2006-11-15 09:49 | 日本代表
アジア杯最終予選サウジ戦メンバー
ちょっと出遅れましたが15日のアジア杯最終予選サウジ戦のメンバーが発表されてますね。

GK
23 川口能活(磐田)
43 山岸範宏(浦和)
44 西川周作(大分)

DF
14 三都主アレサンドロ(浦和)
21 加地亮(ガンバ大阪)
31 駒野友一(広島)
45 田中マルクス闘莉王(浦和)
48 青山直晃(清水)
71 伊野波雅彦(FC東京)

MF
26 今野泰幸(FC東京)
30 阿部勇樹(千葉)
35 長谷部誠(浦和)
51 羽生直剛(千葉)
53 中村憲剛(川崎)
55 鈴木啓太(浦和)
58 田中隼磨(横浜)
60 山岸智(千葉)
** 野沢拓也(鹿島)
** 本田圭佑(名古屋)

FW
36 巻誠一郎(千葉)
37 佐藤寿人(広島)
65 我那覇和樹(川崎)
** 高松大樹(大分)
** 前田遼一(磐田)

新メンバーは野沢,本田圭,高松,前田の4人。
この新メンバーは凄いですね。何が凄いってオシムのチームなのに4人中3人が180cm超,一番小さい野沢でも176cmあるんですよ(笑)
オシムはちびっこ好きと以前からネタにしてましたが,やはり好みの運動量のある選手に小さい選手が多かっただけの模様です。
でも今回は1トップ候補を故障の播戸の代わりに増強したのもあって,本当に平均身長が高いです。メンバー24人中10人が180cm以上,175cm以下の選手は駒野,羽生,憲剛,隼磨,寿人の5人しかいないんですね。まぁ10人中2人が控えGK,4人が1トップ候補なんで,サウジ戦のピッチに180cm以上の選手がずらずら並ぶ光景は見ることは出来ないですけど。


さて今回は消化試合ではありますが,「どうしても勝たなきゃいけないゲームではないが、国の名誉がかかっている」とオシムが述べておりますので,結局またいつもの面子しか出場しないんだろうな,交代選手はFWと羽生だけなんだろうな…といった予想は十分立つ訳で,交代出場で出てくるだろう高松,前遼あたりに新たな風を期待するのみです。

     巻
 寿人   山岸
アレ     加地
  啓太 憲剛
阿部 今野 闘莉王
    川口

こんなとこですか?
遠藤と坪井がいないので微妙なところはありますが,あるとすれば山岸か憲剛の代わりに長谷部か隼磨か駒野が入るぐらいですよね。無論その辺に応じてシステムも3-4-2-1から4-4-2に変わるんでしょうけど。
たまにはこちらの予想を裏切って西川,青山,野沢,本田,高松あたりを使ってもらいたいものですけどねぇ。。
[PR]
by wandering_devil | 2006-11-13 16:10 | 日本代表
J選抜の苦悩は続く
相変わらず課題だらけでスピード感が全くなく、楽しくない試合ですね。

前半からかなり酷い試合。
玉離れが遅いからバイタルで囲まれるし、パスの精度が悪いからフィニッシュまで行けない。
やっぱ技術足りないですね。

判断の早さは啓太が一番マシですかね。
バイタルでときめくのはアレだけ。憲剛のパスも面白いけど昔の俊輔以上に判断が遅いです。
山岸は足元が下手だし、巻は代表外れた方が良いぐらい問題外。
播戸は結果は評価できるけど、できることが少ないから回りを使えないんですよね。それでも結果を残しているのが巻の100倍良いですが(笑)

水本が可哀想に潰されてしまったので、後半に長谷部が入って頑張ってますね…と思ったら最初だけの模様。

後半20分に巻→我那覇。
むしろ遅すぎるぐらい。

24分についに寿人登場。
でも前の試合と同じ位置取りの要求があるのか、中に入らないから出番はなし…。

憲剛の素晴らしいミドルが決まってようやく追加点。
ただ、足攣った二人はオシム語録によれば兎以下なんで、どうかとは思います。

そんな訳で後半は前半以上に酷く、良かったのは播戸と川口と犬だけってことで(笑)
[PR]
by wandering_devil | 2006-10-11 23:16 | 日本代表
相変わらず憂鬱な試合ですわ。。
日本はガーナに完敗したのに何故報道は惜敗なんですかねぇ。
日本の決定機は山岸のあれしかなかったはずですし,川口の奮闘が無ければ何点取られていてもおかしくなかったはずです。相手を崩せず,相手には何度も崩され,個々の力では完全に圧倒されていて,それでも惜敗なんですかね?
だから日本のためにはガーナに惨敗することを願っていたのに…。

オシムの試合後の会見は記者に圧力をかけたトルシエ並みに上からの目線過ぎて,沢山言いたいことがありますが,揚げ足取りになるから止めておきます。
代わりに各選手短評を。

川口
日本の選手の中では唯一ガーナとレベルが噛み合っていました。あの失点に川口の責任を求めたら酷。

水本
可も無く不可も無く,最初からあの程度だと思って見ていたし,闘莉王が戻ってくるインド戦では出ないだろうから感想はありません。

阿部
やはり本職がCBでない人間を最終ラインで起用してもゴール前の守備は甘過ぎです。彼をどうしても最終ラインで使いたいなら,息子に言って常時最終ラインで経験を積ませないと駄目。

今野
守備的なフリーロールなんでしょうが,本人が位置取りに戸惑いを感じているのが見え見えで,中途半端な位置取りの裏を衝かれなくて良かったね…という感じでした。ただし,個人の能力としては申し分ないと思われるので,適正なポジションで使ってあげたいところ。

三都主
アレの得意のアーリークロスを寿人にもっと入れてあげて欲しかったです。
それ以前にアレ以外に個人スキルで勝負できる選手が欲しいですがね。

駒野
オシムに前日会見で攻撃面を酷評されていた割には頑張っていた気がします。

遠藤
やることが細か過ぎ。前の代表と違うんだからガーナ相手にゴール前で細かいことできる選手はいないので,もう少しミドルを多用した方がいいでしょう。

山岸智
あれ外しちゃ柳沢と同じでしょ。そもそもきちんと足に当たってないし。唯一の決定機を外した以上は運動量以外評価できません。

寿人
寿人にあのタスクを要求しても寿人の良さは出ないし,あのタスクなら寿人より上の人間は幾らでもいます。例えば家長でも良いし。
寿人は2トップで使わなければ結果出し様がないですから。

羽生
まぁ羽生らしいプレイだったんじゃないですかね。良くも悪くも。

長谷部
ドリブルで切れ込んでのシュートの選択は良かったけど,枠には飛ばして欲しかった。

播戸
頑張っていたって感じが溢れてるプレイしますよね。どの辺が良かったのかは私には分からなかったですけど。

憲剛
代表初選出にしては落ち着いてよくボールに絡んでましたね。ミスもそれなりにありましたが,良いところもかなりアピールできたと思います。
昨日の試合で唯一の収穫とも言えるんじゃないでしょうか。


いたっけ?
1トップがシュート打てないんじゃ点が入るわけが無いですね。
個人スキルは昔の中山レベルしかないのだから,もっと我武者羅にやって欲しい。
(「がむしゃら」の漢字は初めて知りました…。)

二川
ボール触ったのかな?

我那覇
試合に出なかった気もする…。

そういえば青山と山口は予防接種を受けてないそうで,インドには行けないらしいですね。それで軽傷の闘莉王を呼ぶらしいとの噂。闘莉王はミーティングにも行った模様ですし,ほぼ真実なんでしょうね。

全体的にやはりJ選抜でしかなく,ガーナに勝てる気配は全くありませんでした。
無論ガーナはガーナなので俊輔や小笠原や高原が入ったところで勝てるとも思わないですけど,チャンスの数だけはもっと作れた気がします。
[PR]
by wandering_devil | 2006-10-05 09:48 | 日本代表
ブラックスターズに完敗することを願う
オシムの会見を読んだり試合を見ていると,結局ジーコと選手の起用法はそれほど変わらないですよね。
確かに代表に呼ばれる選手は手を変え品を変え目新しいのですが,核になる選手,つまり試合で起用される選手(特に交代可能人数の少ない公式戦)は故障以外ではほとんど変わってないんですよ。
それも巻,阿部,遠藤,長谷部,三都主,坪井,加地,駒野,川口,寿人,達也は前任者も呼んでいた選手で,新戦力で常時起用されているのは我那覇,鈴木啓太,闘莉王,羽生ぐらいでしょう。ジーコに重用されていた国内組で呼ばれてないのは,代表引退した中澤を除くと,柳沢,小野,宮本,楢崎と年齢的な問題のある土肥しかいませんし,病み上がりながらも今回スタメンが期待される今野もジーコに呼ばれてましたから,実質は新しい井戸なんてほとんど掘ってないんですよね。まぁ簡単に掘るほど傑出した若手がいないのも原因でしょうが…。
選手交代にしても,3人に制限されている公式戦だとFWの交代かJEFの選手の投入だけだし,時間がなくなると毎回闘莉王を上げてのパワープレーの連続では采配能力にはちょっと疑問符がつきますね。
無論,工夫を凝らした練習や徹底したパス&ゴーの意識付けなどの試合前の部分は前任者より遥かに上だと思いますけど,それを有効に活用できる時間が代表にどれだけあるのかは私には分かりません。それを熟成するためにJEF中心の特定の選手を重用したのでは,鹿島閥のジーコと変わらないし,世論があれだけ絶賛するほどの監督であるのならば,何かもう少し違うものを見せてもらいたいと思っています。
そんな訳で,今日のガーナ戦はどうせ負けるのだから色々チャレンジして欲しいです。実際,ガーナのやる気が全然無かったり,終了間際のパワープレーだったりで勝つぐらいなら,圧倒的に負けた方が全然良いと思っているぐらいですから。
理想は寿人だけが活躍して2-4で負けるぐらいかなぁ。

…って言うか,オシム自身が今後やりやすくするために古井戸だらけで完敗することを望んでいたりして(笑)

余談ですが,オシムの「クロアチア戦、それからもしかしたらオーストラリア戦でも、アレックスが一番良いDFだったではないか」発言は非常に問題ありと思っています。クロアチア戦はともかく,オーストラリア戦は宮本の次に足を引っ張っていたのは間違いなくアレでしたからね。あれを決定的な弱点と見ずに長所と見れる目も確かに必要なのかもしれませんが,それでは世論が指摘するジーコの欠点と何も変わらないと思いますので。
[PR]
by wandering_devil | 2006-10-04 10:39 | 日本代表
試合自体には特に感想はありません
イエメン戦を見ましたが、オシム自身が言っている様に「勝って良かったと言える試合」でしかなかったですね。
って言うか、最近の代表の試合は面白くないです。試合見ててもワクワクしないというか、贔屓の選手が活躍するかどうかしか興味が沸きません。
試合に出してもらえるメンバーはジーコ同様にほぼ固定だし、魅力的なプランはあってもこなせる力量のある選手はいないし。
監督は4年後を見てるんだから今は我慢しろと言いたげな会見やるし、自分の趣味に合わない年輩の選手は呼ばないとほぼ断言した以上は、これからも当分の間はこんな試合を我々は見せられる訳ですね。
幾ら希望はあっても現実がついてこない代表の試合はなかなか…。

う〜ん。何て言うか、代表の試合のはずなのにJの試合見てる気分になってくるんですよね。
完成されてないチームや選手を見守っている感じ…と言えば良いのでしょうか?
それって日本を背負っている日本代表チームの試合ではちょっと遠慮したい感覚かもしれません。

まぁ日本全国がオシム信者で溢れかえっている以上は私も気長に選手の成長を待つ以外ないので、代表ではなくJ選抜の試合としてそれなりに楽しむ道を探した方が良いのかもしれませんね。
使われ方はともかく一応は寿人を使ってくれる監督だから、そういう楽しみ方もできなくはないので…。
[PR]
by wandering_devil | 2006-09-07 20:22 | 日本代表
オシムの記者会見を読んで…(読書感想文)
今朝未明のサウジ戦ですが,テレ東中継のために見ておりません。
見ていないのでどういった試合だったのかはさっぱり分かりませんが,
オシムの会見を読む限りは…

・・・あれ???

オシムの会見を読んでもどういった試合だったのか分かりません。

要旨を箇条書きにしてみます。

・日本の方がサウジよりチャンスが多かった。
・全体的な内容としては悪くはなかった。
・オフェンスの選手の中に問題が集中していたかもしれない。
・サイドについて見ても片方は機能したけれどもう片方は機能しなかった。
・優れたストッパータイプの選手が不足しているということだ。
・今日のサウジには優れた選手がたくさんいた。
・その点では、向こうの方が優れていたのかもしれない。
・選手たちに「負けたのは君たちのせいだ。走らなかったからだ」と言うつもりはない。
・選手交代の時に(交代の選手が)タッチラインに立っている。誰が交代するのかなと見ていて、そこで集中力が切れる選手もいる。
・投入した選手が疲れて引っ込んだ選手よりもひどいプレーをすることもある。
・第4の審判が選手交代の時間をかけすぎたという問題もある。
・今日は負けて本当によかったのかもしれない。
・ただし,負けて痛みがないわけではない。私も胸が痛むが,選手の方がもっと悔しいだろう。
・選手と一緒のバスには乗りたくない。歩いて帰ろうかな。

彼の発言を伝えてるマスコミが悪いのかもしれませんし,単に私の読解力がないだけなのかもしれませんが,余りに言い訳が多過ぎませんかね?
難しいことを並べていると一見奥が深そうに見えますが,発言には多分に毒が含まれてます。フォローしつつも特定の選手を暗に批難するような感じで,責任の所在は選手だという発言にしか聞こえないんですけど。
それが良いかはともかくとしても,自分の選んだ選手を可愛がり,最後まで擁護するジーコとは対照的なのは興味深いところです。
まぁ自虐的なのか,悲観性なのか,野村のようなボヤキ屋なのか,自己弁護なのか,無責任なだけなのかは分かりませんが,分析するにしたってもう少しモノの言い様がある気はしますよね。数日前に選ぶのは全てが自分の意思ではないという発言をしたりするのも感じ悪いですし,それでもその選手達の中から試合で使う選手を選んだのは自分なんだから,少しはそれらしい態度を見せてもらいたいものですね。

オシムバブルはいつまで膨らむのか?
弾けた時に落ち方が激しいならファルカンの様に早めに割ってしまった方が傷が浅くて良いのかもしれない…というのはまだまだ気が早過ぎですかね。。

# 『試合の翌日に出発して、十分なトレーニングもできないまま、時差ぼけ、高温多湿、そういうコンディションで、しかも今日の試合には負けてしまった。選手たちにとっては、大変気の毒なことだと思う。』というのを省いて書いてしまっていますが,W杯で負けた後にこれに類したことをジーコが言って「言い訳するな」と世間から批難されていたので,世間的にはこういう発言は認められないはずだという認識の元にあえて書きませんでしたので,悪しからず。
[PR]
by wandering_devil | 2006-09-04 14:32 | 日本代表
アジア杯予選アウェイ2連戦に向けて
帰省してたり体調崩したり何だりで全然更新できてませんでしたが、アジア杯予選アウェイ2連戦の代表が発表になってますね。

GK:川口(磐田)、山岸(浦和)、西川(大分)

とうとう西川がA代表に招集されましたね。
川口の後は彼しかいないでしょうから、A代表の面子とコミュニケーションを今から取れることは喜ばしいことだと思います。

DF:三都主、坪井、闘莉王(浦和)、加地(G大阪)、駒野(広島)

相変わらずの浦和勢。
またも本職の代えがいないCBの選出には理解に苦しみます。

MF:中村直(名古屋)、羽生、阿部(千葉)、遠藤、二川(G大阪)、鈴木啓、長谷部(浦和)、山瀬、田中隼(横浜FM)、小林大(大宮)、伊野波(FC東京)、梅崎(大分)

梅崎はついに来たかって感じです。最近の試合ではかなり結果も残してますしね。
そして大黒なき後、ガンバ攻撃陣を引っ張る二川も初招集。
もう一人の初代表の中盤は伊野波。
失点の決して少なくないFC東京から呼ばれた理由はイマイチ不明です。単なる好みとしか思えんですね。
どちらにしても3人とも出番は無さそうですが…。

FW:巻(千葉)、我那覇(川崎)、佐藤寿(広島)、田中達(浦和)

これはしばらく固定ですかね?
それもジーコやトルシエ同様にオシムも頑固ですから、またもスタメンは達也で寿人はベンチなんでしょうね。
代表の監督は自分の好みで選手を起用できるから当たり前とは言え、リーグ戦や代表での実績は関係ないようですし。

まぁ面子を見れば結局はオシムもリーグ戦とか関係ない訳ですよ。
千葉勢なんか最近は決して良くないし、川口あたりもリーグでは失点多いですから。
その辺は世界中のどの代表監督もジーコやトルシエと同じなんですよね。
代表に新しい人増えて目先が変わったし、初戦の前半がやたら良かったから皆さん不満はないようですが、これでアウェイ2連戦が1分1敗とかだったらどんな感想が満ち溢れるのか見てみたい気もします。

あぁ、そうだ。

疑問点の多い報道や過信し過ぎのブログなんかのせいで、私はすっかりアンチオシムの様になりかけてますが、無論私も代表は応援してますし、今回も2連勝して帰ってきて欲しいなと本心では思ってますよ。
ただ単にオシムを過大評価する風潮が嫌いなだけで。
まぁ当の本人も過大評価されてるの分かってて、記者会見で負けた時の予防線をひたすら張ってますけどね(笑)
[PR]
by wandering_devil | 2006-08-31 20:41 | 日本代表
佐藤ツインズ
昨日の代表のイエメン戦ですが,ツインズの共演,そして寿人のゴールと佐藤家には良い一日でしたね。
それにしても点を取ってこいと言われなくても点差を広げてきてしまう寿人のゴールセンスはさすがです。
やっぱ寿人良いですね。
ベガルタがJ1上がって広島落ちたらホントに返して欲しいですわ。

しかし,こうなると昨年の春ぐらいに寿人の話を浦和サポの友人にして一蹴されたのを思い出しますね。比較的頑張っていた方だとは言え,87分で結果を残せなかった達也と後半42分からの出場で得点した寿人とどちらのゴールセンスが上かよく考えてみたまえ(笑)

それと寿人と勇人って髭と髪型で分かりにくいですが,試合後の整列で笑ってる顔はそっくりですね。
やっぱ時代はツインズですよ。こうなったら次の試合は森崎ツインズも同時召集するしかないです(笑)

試合の話ですか?

・2試合やって4ゴールのうち3ゴールがセットプレイ。
・得点者はアレ×2,阿部,寿人。
・引いた相手には攻め手というか局面を打開するアイデアがない。
・ちょっと頑張って走ると終盤はバテバテ。
・幾らシュート打っても入らない。

ジーコの時と何が違うんですかね?

だから,たかが1試合の前半が良かったぐらいで騒ぎ過ぎだって言ったじゃないですか。
確かに羽生とか良かったと思いますよ。周りが誰も走らないし,加地と駒野はボール来るのに判断悪いからほとんど役に立たないもの。比較すればそりゃ羽生の方が遥かに良いよね。
ただ引いた相手に攻め手がなくって監督が怒ってる日本代表ってもう十年は見ているから,監督のクビをすげ替えたからって決定力不足や局面を打開するアイデア不足が治るわけじゃないってことですよ。
結局,奇しくもジーコが言っていた様に「入らないならチャンスの数を増やすしかない」訳で,その手法が特定の個人の能力に期待したジーコと全員の運動量でカバーしようとしたオシムで違うだろうってことだけなんですよね。そのアプローチは良い『看板』だとは私も思いますよ。ただ『看板』だけ立派でもやる選手は同じ日本人なんでね,4年後を実りのあるものにするためには苦難の道はとても長いなぁと私は思って苦言を呈している訳です。
ジーコも種類は違うけどオシムに負けないぐらい理想的なサッカーを目指していたことは変わらないし,オシムの理想は高いけど世界レベルでそれをやるには道のりは相当厳しいってことです。あのチェコだってコラーの怪我という一事だけであの素晴らしいサッカーが破綻してしまうぐらい世界のレベルは高いわけですから。
[PR]
by wandering_devil | 2006-08-17 09:26 | 日本代表


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧