カテゴリ:ベガルタ仙台( 44 )
ヴェルディに完勝!
まだ仕事中なんでJ's Goalの速報をタスクバーに入れて自動更新眺めてました。
我らがベガルタはヴェルディに3-0で完勝したとのこと。
相変わらず前掛かりの相手には滅法強いというか,前半に先制するとつるべ式に得点しますね。守備の堅さも素晴らしく,J2屈指の攻撃力を持つヴェルディ相手に連続無失点だし。
柏も負けて札幌が引き分けたので,これで1試合多い首位に勝ち点2差の4位に浮上。サンタナ監督の言うとおり,完全に上位5チームぐらいの争いになってますね。

スタジアム行けなくても中継見れなくてもFM聞けなくてもやっぱ嬉しいねぇ。

そういえばボルジェスのイエロー4枚目だった気がする…。
次節は萬代の1トップ?萬代と中島の2トップ?どうするサンタナ?
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-18 21:10 | ベガルタ仙台
『あと10m縦に勝負する勇気』 from ベガルタ仙台vs横浜FC
いつもながらエントリが遅いですが,土曜日のベガルタの横浜FC戦は残念ながら2試合連続のドロー。勝てた試合(横浜FCサポも同意見?)だっただけにもったいなかった気がしますね。
金曜日に金子先発と書きましたが残念ながら出番はなく,菅井がボランチに戻って中田が先発。その代わり,膠着状態だった後半に萬代を入れての4-4-2というオプションを試していました。賛否両論あるようが,私はそれなりに良かったと思います。ボルジェスはポストが若干弱いし,後ろの2人のブラジル人もバランスを取りやすかったようですから,今後も試す価値はアリでしょう。
しかし,相変わらず両サイドの使い方が不満です。最後に磯崎から良いクロスが上がりましたが,全般的に抜けきる前にクロスを上げようとして巧くいかないケースが目立ちました。浦和のアレが得意にしているプレーですが,やはりそれなりの技術を要するだけに,ベガルタの選手の場合はきっちりと縦に勝負してマイナスの精度の高いボールを上げなければ高さに難のあるボルジェスではかなり厳しいと思われます。エンドライン際で勝負できれば例え上げれなくてもコーナーが取れる可能性が上がりますし,ベガルタの両サイドには『あと10m縦に勝負する勇気』が欲しいなと思います。ライン際からGKとDFの間に低いクロスを入れればボルジェスの決定力ならそれなりに決めてくれそうですし。もっとも,そのためには中盤を追い越すSBの動きや更にそのSBを中盤が追い越す動きが重要になります。高桑を筆頭に守備陣カルテットが絶好調なだけに,劣勢が予想されるヴェルディ戦でも機を見てそういう動きを出して欲しいですね。
守備面は安定してますね。特に高桑の守備面は申し分ないでしょう。現代GKには足元の技術やフィード能力が求められてますが,それはさておき瞬発力が本当に優れたGKだと思います。
ただこの試合の不満点は二つ。
一つ目は主審がカード製造機『クラッシャー家本』だったこと。相変わらずの意味の分からないカードの出し方。あそこまで酷いと試合のレベルが本当に下がってしまいます。せめてカードを多く出すなら基準を統一して欲しいです。正直言って,こんなんばっかSRだから日本人の審判のレベルが向上しないんだって。
そして二つ目が東北放送の実況。宮城ローカル局の中継なんだから,もっとベガルタ寄りの放送をしなさい。お前は「KINGカズの個人サポか!」と言いたくなるぐらい『KINGカズ』の連呼。J2のローカル放送が全国ネットのJ1の放送と違って味のあるところは『異常にホームに偏った放送』なんだから。もっと仙台放送並にベガルタ応援中継して欲しいですね。NHK仙台放送ですら全く中立じゃない放送してくれるんだから民放ならもっと頑張りましょう。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-17 10:54 | ベガルタ仙台
雪の舞う杜の都の快進撃!
磯崎,菅井,ロペスのゴールでベガルタ仙台は3連勝。先日,実質2位と書きましたが,これで本当に2位浮上です。特に菅井はプロ初ゴールですので本当に良かったですね。おめでとうございます。
私は仕事中でしたので,ネットの速報リロードしまくりで一喜一憂してました。
さて,相手に退場者が出たこともあり,それなりにゲームも支配できたようですし,課題として挙げていた両SBにゴールが生まれたことから,サンタナの目指すサッカーが見えてきたのかなという感じもします。しかし,相手よりシュート数が少ないのがちょっと気になるところで,想像するにブラジルトリオの個人技でゴール前に持ち込めてもフィニッシュまでいけてなかったのかな?良くなかった時の仙台はそういうシーンが多かったですからね。そうなると両SBの上がりに加えボランチトリオの前線への飛び出しという前線への積極的なサポートがやはり大事になりますね。
次節はアウェイとは言え草津ですので実践するチャンスですから,ブラジルトリオを追い抜くぐらいの勢いで日本人選手の攻撃面での奮闘に期待したいです。勝って兜の緒を締めろということですね。
昨日のユアスタは本当に寒かったようで,1万人を超えるサポーターの皆様ご苦労様でした。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-06 09:26 | ベガルタ仙台
Yes! Yes! Yes! ~週末のJ~
梁がシュート!跳ね返りをボルジェス!Yes!Yes!

週末のベガルタは神戸戦。FMで試合実況を聞いていたらアナが絶叫していました。
あまりに『Yes!Yes!』が強烈だったので前後の実況はうろ覚えですが,アナの興奮ぶりが伝わってきて微妙に良かったです。
所詮車でFMで聞いていただけなので高桑の活躍ぶりがそれほど分かりませんでしたが,速報サイトやブログを拝見する限り,相当耐え凌んだようですね。しかし,そこで耐え凌ぎ切って勝ち点3を拾うところが今年のチームは意外にやるのかも。2位より1試合少ない状態で勝ち点2差の3位に浮上しましたし,実質2位(?)ですから上々の滑り出しですね。1位が少し離れてますが,一昨年は川崎F,昨年は京都の独走だったし,ベガルタがJ2優勝するに越したことはないですが,それが難しいようなら柏は柏で勝手にやってください。

さて,今節のJ1ですが,ガンバ-清水戦をTV観戦。今年の清水の試合は見ていなかったのですが,調子が良いようだったので気になってました。結果的には絶好調のマグノ&フェルにやられたとは言え,若い力と経験がうまくMIXされて素晴らしい試合を見せてくれてました。ガンバもゼロックスの頃に比べると連携もかなりスムーズになり,家永の成長を考えれば昨年に勝るとも劣らない攻撃を見れて,お互いの良さの出た良いゲームでしたね。
その清水ですが,あれだけ若い選手を使っていながらこれだけの試合を見せられると,ここ数年の清水スカウト陣の奮闘がよく分かります。ベガルタはJ2にいる関係から選手の出入りが激しいのは仕方ないのかもしれませんが,選手のスカウトやユースを含めた若手の育成に更に力を入れて,今年の清水のように『ベガルタって良いチームだね。』と言われるようなチーム作りをして志して欲しいなと節に思いました。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-03 13:15 | ベガルタ仙台
燃ゆる杜の都
千葉直樹のミラクルループシュート見てきました。
ベガルタの試合の今期初観戦です。今年もあまり行けそうにないので間違いなく勝てる試合を見たいと思い愛媛FC戦に行ってきました。ただし,前日の夜にチケット取ることになったのでS指定メイン北側の最上段。日陰の上に風が凄い抜けていくのでえらく寒かったですね。
試合の方は前半はかなり消化不良。愛媛が引きに引いて5バックか6バックかという布陣だったために,ブラジルトリオにボールが入っても3人ぐらい抜かなければならない状況で,ボールを取られて逆襲を喰らう繰り返しになっていました。ミドルを打っても厚い壁に跳ね返されていたので,SBがもっと積極的に上がって裏を取る動きができれば…という感じでしたね。
ただそれでも,ブラジルトリオとDFと1対1になればどうしてもファウルがかさんでいたので,梁のFKから良いボールが入ればと思っていたところ,それまでFKから低いボールばかりだった梁がロペスの高さを活かせる高めのボールを入れて見事先取点。相手のDF陣を引き出すには先取点を取る以外にはなかっただけに非常に大事な1点でした。
後半開始直後に追加点が取れたのも大きかったですね。前半のそれまでと違い,スピードが乗った状態でボルジェスがボールをもてたので,そうなれば格の違いとばかりにきっちりと決めれてました。
その直後のロングスローからの失点はかなりいただけないですが,良い時間に本人も狙ってなかったという千葉直樹のスーパーミラクルループが決まって勝負あり。普通,あの姿勢から浮かせようとすればインにかかってゴール左に切れていくと思いきや何故かボールはゴールへ。ボールを持ってDFと対峙したときに一瞬グラウンド上の全員の動きが止まり,スタジアム全体に『どうする?』って空気が流れただけに,ゴール決まった瞬間のスタジアムの爆発は凄かったですね。
ブラジルトリオのやる気のない守備やSBの消極的な姿勢など気になる点も多々あったわけで,総論として愛媛相手にもう少し内容のある試合をして欲しかったとは思いますが,連敗していただけに結果には満足です。ここで気を緩めず高みを目指して欲しいですね。
愛媛の方は8番の浜岡選手の動きが目立ってましたね。163cmと小さいのですが,磯崎の位置取りが低かったこともあり,右サイドから効果的に組み立てて良いボールを供給していました。今まで知りませんでしたが,昨季のJFLの最優秀選手だったそうですね。今後も頑張って欲しいものです。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-27 13:31 | ベガルタ仙台
負けてなお『降格組恐るるに足りず』
我らがベガルタは残念ながら柏に負けてしまいましたね。
敗因はご存知のとおり村上の負傷退場とチアゴのレッドカードです。
村上の代役の磯崎も守備面ではそれほど問題があるわけではないけれど,村上のような攻撃力のある選手ではないので,序盤は柏を押し込んでいた左サイドが逆に押し込まれてしまったのが痛かったですね。村上の退場前後で両サイドの位置取りとボールの支配率が明らかに違いましたし。
それとチアゴの退場ですが,あれは柏の作戦勝ちかと。序盤から意図的に感じるほどブラジルトリオを削りに削りまくって3人のストレスを溜めさせてましたし,VTRを見た限りでは,チアゴが突き飛ばす直前に,絡んだ柏の選手が何かを言いながら右手でチアゴを払うような仕草をしていましたね。恐らく「早くどけよ」とか言ったんでしょうが,何を言ったかが日本に着たばかりの21歳の外国人に理解できるわけもなく,ましてや優勝候補と言われるはずのチームが自分にするのはファールばかりで侮辱されたとでも思ったんでしょうね。それでも手を出したらいけないのは勿論ですが,嵌められた感じもあるだけにこれを反省材料に今後気をつけてくれれば良いんじゃないでしょうか。
また,この試合で課題だったのは両サイドの出来。サンタナの目指すサッカーは両サイドの強烈な押し上げありきであり,ブラジルトリオが封じ込められたのは,村上退場以降は両サイドで相手に押し込められてたためにサポートが出来なかったことだと思います。そう考えると次節は代役の磯崎には頑張ってもらわないと困るんですよね。まぁ相手がカウンターサッカーの湘南だけに,裏さえケアしておけばかなり高い位置取りができるはずですが。

それにしても私が感じるに,柏は大して強くないんじゃないですか?
ブラジルトリオに対して数人で囲ませておきながら,あれだけファールが多くなったのは全然余裕がなかったの裏返しと言えます。
攻撃面に関してもほとんどの決定機に絡んでいたディエゴだけ抑えれれば封じ込めることも可能かと。無論点を取ったから言ってるんじゃなくて,それ以外のプレーが柏では群を抜いて(チアゴ退場前では唯一?)危険だったということです。得点は別に彼でなくてもよく,頑張った彼への御褒美でしかないかと。
そんなわけで試合内容を見れば,少なくともスポーツニュースで報道されているような『首位快走』とはかけ離れている出来でしたね。チアゴが退場しなければ勝てない相手じゃなかったし,『降格組恐るるに足りず』と言っても過言じゃないかと思います。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-20 11:55 | ベガルタ仙台
今年こそ念願のJ1復帰
1週間出張に行っている間に色々と書きたい事があったわけで,数日かけて書こうかな。

まずはベガルタ仙台の初戦快勝。残念ながら中継もなく試合自体は見れなかったのですが,資金を大量に投入したブラジル人トリオが機能し3人で4得点という結果には満足です。ただ試合評を見るともっと取れるチャンスはあったようでその辺の決定力は上げて欲しいですが,新監督でシーズン初戦のアウェーという事を考慮すれば十分な結果ではないでしょうか。期待通りに徳島がヴェルディに惨敗して迎えた最高の環境だけにやってくれなきゃ困るところではありましたが。
また,うまい具合に初戦勝ったチームがコケてくれたし,今週末の柏戦で勝つことが出来れば,その後は平塚,愛媛と連勝できる可能性もありますし,ベガルタがスタートダッシュするのに十分な状況ですね。柏も能力の高い若手が多いですが,ベガルタも経験とホームの環境を加味すれば遜色ないですし,やってくれるに違いない…と期待してます。
個人的には25日の愛媛の試合に行けたらとは思うのですが,現状一緒に行ける人がいないので…。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-13 11:33 | ベガルタ仙台
FW補強なのか…
鹿島からFWの中島裕希選手がベガルタにレンタル移籍しました。

…とは言うものの,失礼ながら私はこの選手知りませんのでググってみたら,中島選手の応援サイトを発見しました。知人が作っただけあって凄い手作り感たっぷりですね。
鹿島では途中出場が大半だったようですが,ベガルタの今期はブラジル人監督なら恐らく4-4-2だろうし,レギュラーが確定しているだろうFW外国人が一人だけですからチャンスは十分あると思います。

しかし富澤はどうなったんだろう?
[PR]
by wandering_devil | 2006-01-17 10:49 | ベガルタ仙台
杜の都の指揮官
ようやくジョエル・サンタナのベガルタ監督就任が発表になりましたね。フィジコとGKコーチも一緒に発表されており,3人の経歴を見る限り,2003年にフルミネンセでトリオを組んでいたようです。但し,フルミネンセの2003年ブラジル選手権の成績は24チーム中19位ですがね…。まぁ給料分ぐらいはきちんと働いて欲しいものです。

それはさておきシルビの退団(新潟移籍?)が堪えているだけに富沢の動向が気になります。
1/10のスポニチ1/11の日刊東北版では相当温度の違う記事が掲載されてますし,根引が柏に取られた以上は是が非でも引き留めて欲しいものですが,果たしてどうなることやら。もし富沢までヴェルディ復帰ならDFラインの崩壊が現実のものになるかもしれません。またウルトラ守護神のスーパーセーブ頼みでは正直見てて苦しいんですがねぇ。
[PR]
by wandering_devil | 2006-01-13 11:58 | ベガルタ仙台
ボルジェス
ボルジェス選手完全移籍加入のお知らせ』がベガルタの公式HPに掲載されてますね。
河北新報に拠れば『ボルジェスはブラジル選手権で19得点を挙げたストライカー,J2では異例の大物獲得』らしく,京都と争っていたことを考えれば本物なのかもしれませんが,完全移籍に3億円との噂もあり,それだけの金をどこから捻出したんだい…という素朴な疑問に駆られますね。しかもそこまで出すなら最低30得点はクリアしてもらわないと割に合わないですからね。
さらに元ブラジル代表FWのロニもジョエル・サンタナのリクエストで獲得する方針らしいですね。お金の積み具合からしてジョエル・サンタナの就任の条件なのかな?随分と譲歩してまで監督に就任させたいようですから,ジョエル・サンタナの早めの決断を願いたいです。
また,山形のボランチの大塚を狙っているとか色々と噂が流れてますが,そんなことする以前にシルビーニョ,富沢,根引の3人に力を入れて引き留めて欲しいな。熊谷の引退でボランチを補強したいのは分からなくもないですが,監督が決まっていないのだからシステムが決まらない訳だし,どうなのかなって思っちゃいますよね。

【17:14追記】
先程ベガサポの上司と話をしたら,ロニは家庭の事情とやらでポシャったらしいですね。それでジョエル・サンタナの希望する第3の選手と交渉中らしいです。
それと来年のベガルタのカレンダーの10月が財前,11月がバロン&シュウェンクらしいです。東北ハンドレッドやってくれますねw
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-21 13:55 | ベガルタ仙台


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧