気分良く…
昨日のサウジ戦は良い試合でしたね。
最後までバテることなく,オシム監督就任後の試合の中で一番面白い試合でした。

何故こんなこと書いているかと言えば,昨日は仕事でリアルタイム観戦ができなかったために,NHK-BS1の放送をビデオ録画してたんですよ。BS1でご覧になっていた方はご存知だと思いますが,我那覇が2点目を決めた後ぐらいから津波情報に完全に切り替わってしまい,そこから試合終了までの”評判の悪い時間帯”を全く見てないんです(笑)
ですから,各個人で言えば不満の残る選手はいても,チーム全体の出来で言えば過去最高の試合と言っても過言ではない訳です。そういうことで,残りの話も”我那覇が2点目を決めるまで”限定の話として読んで下さいませ。

サウジが非常に出来が悪かったのか分かりませんが,例年サウジに苦しめられているような印象は昨日はほとんどなく,我那覇の安定したポストプレイ,両サイドバックの高い位置取り,啓太の安定した潰し,CB陣の効果的なオーバーラップ,アレと駒野のコンビネーション,展開力のあるサイドチェンジのパス等々,今までの酷い試合と本当に同じ選手がやってるのかと疑いたくなるような(今までと比較すれば)魅力的なサッカーを繰り広げていました。
特に我那覇は原さんが絶賛していたように前線できちんと溜めが作れる上にボールを失わないので,後ろの選手が上がる時間を作れていて,2得点(特に1点目のヘディングは美しい)は当然見事なゴールだったのですが,それ以上に攻撃を有機的に連動させる一番大きな要因を作っていましたね。
また,駒野もアレが内に絞ってできたスペースを何度も侵略し,普段の何倍も意味のあるクロスを上げていたのはちょっと見直しました。これを是非継続して,更にクロスの精度を上げて欲しいです。

このままひたすら褒め上げても良いのですが,一応気になったこと。
憲剛は何か若い頃の俊輔そっくりですよね。プレーの良いところも判断の遅さも無茶なパスを狙いすぎるところもスタミナの無さも。
巻はオシムの言わんとしていることは分からなくもないですが,あれだけ得点から見放されている選手は一度外した方がいいと思います。このままだとジーコの柳沢に対する扱いと変わらないというか,彼だけは特例(阿部もだけど…)と解釈されても致し方ないでしょう。

なお,いつも苦言を呈していた阿部と今野のCB起用ですが,PKの場面を除けば特に問題は無かったですね。これは私はサウジが深くエグってこなかったためと考えています。常々,阿部のCBでのプレイを見ていて一番気になるのがゴールエリアに横若しくはマイナスに入ってくるボールへの対応の軽さなんです。このシチュエーションだけはボランチの選手は慣れてないですから駄目なんでしょうけどね。

…ということで,報道やブログなどを巡回する限りは続きを見なくて良かったんだなと正直思いました。放送が中断したにも関わらず,これだけストレスを溜めずに代表の試合を見れたのは例のドイツ戦以来でしたから。
それとこれだけの試合をやった後に今まで一番辛口な会見をオシムが行ったのは面白いと思いました。その辺の使い分けが何か学校の先生みたいですよね(笑)
[PR]
by wandering_devil | 2006-11-16 18:48 | 日本代表
<< 柏戦,湘南戦,そして… 存在価値の感じられない親善試合 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧