存在価値の感じられない親善試合
昨日はU-21日本代表の韓国との親善試合がありましたが,元々新しい選手の発掘というテーマを反町が掲げていたのもあり何とも微妙な試合になりました。

試合は前半最初から韓国が圧倒的な運動量をベースに中盤から激しいプレッシャーをかけ,奪ったボールをお国柄のスピードを活かした攻撃で確実にフィニッシュまで持っていくという素晴らしいサッカーを展開します。
これに対して日本はずるずるとラインを下げ,且つ3ボランチの両サイドがサイドに引きずり出されるためにバイタルエリアが常にがら空き。幾度もバイタルでフリーでシュートを打たれ,守備が軽いとかいうより明らかにヌルいものでした。新規召集のメンバーが多く,先制点のようなセットプレイの守備でマーキングにルーズなのは仕方ないと割り切るとしても,守備の各局面で技術・スピード・フィジカル・運動量の全ての面で劣っている上に,例え約束事がなくても最低限やらねばならないこと(例えば3ボランチの片方のサイドが引きずり出された時の反対サイドのボランチの中央への絞り方など)が全くできていないのでは勝負になるはずもなく,クロスバーやポストを味方にできなければ惨敗してもおかしくはありませんでした。内容は十分に『完敗』ですけどね。

日本の攻撃も前半はラインをあまりにも下げるために1トップのカレンが完全に孤立し,全く機能していませんでした。シュート数も1本ぐらいですけどそもそもバイタルにすらボールが入らないのではシュートまで行ける訳がないのです。
その理由として,日本の選手はさすがにそれなりの技術は持っているらしく,強めのパスでも誰もが足元できちっと止めるし,フリーでボールを蹴る際には質の高いキックを蹴ることができます。しかし大半の選手がそれだけなんです。基本的にトラップ→ルックアップ→判断→パスという過程しかできず,韓国の運動量が圧倒的だった時間は判断が遅いために寄せられてパスミスorカットされて攻撃が全く構築できませんでした。
ほとんどの選手がダイレクトではたけるのは後ろを向いて受ける楔のボールに対してだけで,柔軟性のある相手の先を取れる動きができているのは水野と(情けなくも)高校生の乾だけでしたね。この点に関しては谷口ですら全く駄目でした。
なお,A代表の中村憲剛もアイデアは豊富で質も高いのですが,プレッシャーのある状態ではこの過程を踏まねばできない傾向があるので,今日のサウジ戦では効果的なパスよりミスをする局面が圧倒的に多い可能性を危惧しています。

話がそれましたが,韓国が誇るゴールデンエイジもさすがにA代表の様に90分間豊富な運動量を誇ることはできなかったようで,60~70分過ぎには足が止まり,日本の両サイドが押し上げられるようになりました。このため更に韓国のラインは下がり,前線の質の高い選手に個人能力によるカウンターしか韓国の攻撃は見られなくなり攻守の主導権は交替します。日本は余裕を持ってボールを保持できるようになったために判断の遅さを補うことができ,また守備の負担が減った水野が輝きだします。そして彼を中心した流れの中から相手のクリアミスのオウンゴールで運良く同点に追いつく事が出来ました。
また,そんな中で投入された乾は守備の負担が軽かったせいか,その持てる技術を面白いように発揮し始め,少なくとも相手の運動量が落ちた時間であれば十二分に通用する技術を持っていることを証明できました。
しかし,反町の決断の遅さのために6人の交代枠に対して使ったのは3人のみ。それも津田の投入は残り5分であり,彼に経験を積ませると言うよりは彼にキャップ数を与えただけの投入で意味のない交代でした。
この親善試合の意味合いと交代枠の有効性をホン・ミョンボは十二分に理解していた反面,日本は1チーム1人と決められていたから仕方なく呼んだメンバーが大半なのだなという反町のメッセージしか感じられませんでした。ベガルタからも萬代が呼ばれており,試合前の報道ではスタメン濃厚だと伝えられていましたが残念ながら出番はなく,最初から構想外なのか紅白戦で見限られたのかはともかく今後呼ばれることはないんだろうと実感することができました。
実際のところ,出場した全選手の中で先日のU-19より確実に上だと感じられたのは水野1人だけで,今回の選手の中でU-21の底上げになるだろう選手も水野,谷口,カレン,乾ぐらいなんじゃないでしょうか。まぁ谷口やカレンの出来には全く満足できませんし,GKの松井もあのレベルでは西川からレギュラーを勝ち取ることは5年以内では不可能だなと思わせる程度でしかありませんでした。
昨日の試合も報道に拠ればポリバレントがどうだとか色々アホなことを書いてますが,オシム礼賛の流れを汲む亜流報道の域を脱しておらず,『1-1も内容は韓国に惨敗!』ぐらいの見出しすら出せないマスコミには相変わらず呆れるばかりです。

本日はJ選抜のサウジ戦がありますが,オシム自身がボロクソ言ってる程度のモチベーションしか選手が維持していないのであれば期待するだけ無駄なんでしょうねぇ。
[PR]
by wandering_devil | 2006-11-15 09:49 | 日本代表
<< 気分良く… アジア杯最終予選サウジ戦メンバー >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧