オールドファーム
【セルティック 2-0 レンジャース】
1888年から続いている世界最古のダービーマッチ”オールドファーム”です。
日本の場合,JFAの前身の大日本蹴球協会創立が1921年,FIFA加盟が1929年ですからね。もの凄く歴史を感じますよね。セルティックがカトリック,レンジャースがプロテスタントに支持されているという宗教的な側面もあるのですが,その辺は一般的な日本人である私にはよく理解できないんですが,どちらもイギリス国教会ではないという点は面白いなとか思っちゃいますね。
それはさておき,試合はフェネゴ-ルオフヘッセルリンクのシュートがこぼれたところにグラヴェセンが魂の一撃と言いたくなるような気迫のダイビングヘッドでセルティックが先制します。触らなくても入っただろうと言うのはご愛嬌で(笑)
そして後半にミラーが俊足を飛ばして追加点をあげてセルティックの完勝。レンジャースは昨年のCLで健闘したあたりから,どうも気運が盛り上がらない感じがします。
問題の俊輔ですが,地元紙は軒並み6点をつけてそこそこ高評価だったようですが,オールドファームに完勝したボーナスってところですかね。前半に素晴らしいシュートを2本ほど打ってましたが,大事に行きたがってパスを戻すシーンが多かったような気がします。もうちょっと積極性を見せて欲しかったですね。セットプレイは相変わらず危険なボール蹴ってます。こればっかりは現在の代表の試合では見れないレベルかと。
ちなみに俊輔から上がり過ぎと常々指摘されていたグラヴェセンもさすがにこの試合は自重してやや下がり目でした。それでも大事な場面でゴール前にきちんと飛び込めるんだから良い出来だったんではないでしょうか。

【リヴォルノ 0-0 ミラン】
マジで退屈な試合だったですね。
ミランはチャンスを作ってはシュートを枠外に飛ばす繰り返しで,覇気が全然感じられませんでした。対するリヴォルノの方が気持ちの入った試合をしていまして,ルカレッリが負傷退場しなければ波乱も起こせたかも…という感じでしたね。
ミランも勝ち点がプラスになって満足してるとまでは思いませんが,CLにばかり気が行っていると格下に足元を救われかねないですよね。既にインテルと8,ローマと7離されている訳ですから。

【フルアム 0-2 チェルシー】
相手DFのチョンボのおかげでPKを決めてから,ようやく本物(?)のランパードが帰ってきたようです。W杯の時はどこかに旅行していたみたいですからね(笑)
試合的にはロッベンを下げる前にシェヴァ下げろよとか,バラックいない方が試合になってるとか,相変わらずドログバ凄過ぎとか思いましたが,これで今年もチェルシーが暫定ながら指定席に返り咲き。
ポーツマスに来月ぐらいまでは頑張って欲しいものですが…。

【HSV 1-1 ブレーメン】
ブンデスリーガ開幕当初のブレーメンの良さはどこへ行っちゃったんですかね?
やはりクローゼがいないと攻撃の選択肢が少なくなるのか,こちゃこちゃと細かいことして形にならない攻撃を繰り返してました。
応援しているわけではないですが,今期はそろそろバイエルンを引きずり落とすことを期待していただけに何かがっかりしてます。
CLの初戦もグダグダバタバタでしたし,もうちょっと去年の勢いを…と思うのは期待しすぎなんですかねぇ。
[PR]
by wandering_devil | 2006-09-25 11:18 | 海外サッカー
<< 元Jリーガーの振り込め詐欺 まだまだJ2は続くのだから >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧