審判委員会が家本を裁く!
正直,日本では有り得ないのではと思っていたニュースが…。
Jリーグ1部(J1)は12日、東京都内で実行委員会を開き、判定基準が問題視されている家本政明主審(33)に対し、日本サッカー協会審判委員会が1カ月の研修を課したことが報告された。
 家本主審は6人いるプロ審判のスペシャルレフェリー(SR)の一人。
今季のJ1で14試合を担当したが、8月30日の鹿島-名古屋戦での判定に一貫性がなかったため、事実上の休養処分を受けた。松崎康弘審判委員長は「研修は積極的に立ち直らせるためで、1カ月後に適性を判断する」と語った。

日本の審判委員会も捨てたもんじゃないですね。
今まで家本に煮え湯を飲まされたJクラブは数知れず。両チームの監督,選手,サポが荒れた試合だってありますから。ベガルタも今期もやられてますし,本当に良かったと思います。できれば,是非「適性なし」の判断を下してもらいたいものですね(笑)
ついでに先日の早川君にも研修をお願いしたいものです。
[PR]
by wandering_devil | 2006-09-12 22:27 | Jリーグ
<< 週末の欧州リーグ ユアスタでの政治活動の可能性 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧