熱く激しいけどカードは出ないプレミア
セリエとリーガが始まり,欧州のサッカーも本格始動ですね。
そんな訳で週末はSPLのセルティック戦とプレミアのチェルシー,アーセナル,マンチェスターUの試合をちょろちょろと見ていました。
土曜の夜のベガルタ戦と比較すると本当に違いますね,ジャッジが…。
SPLもプレミアも多少吹っ飛ばされるぐらいなら当たりが弱い方が悪いとばかりの流しまくりのジャッジだし,カードの出し方も理不尽なものはなく,先ず注意し,繰り返すようならカードという当然の出し方で,アドバンテージの取り方も含めて気持ち良く試合が観戦できました。
それが当たり前だと思うんですがねぇ。

【セルティック 1-0 アバディーン】
スコア的にはアバディーンが非常に善戦していたので最小スコアでしたが,ボールキープ率もシュート数も圧倒的であり,セルティックの試合運びも問題はありませんでしたね。アバディーンの方もよく守っていたのですが,DFのクリアの空振りのためにGKが気を抜けたのか,それまでのシュートに比べ何でもないシュートが入ってしまったのは不幸でした。もっともそれ以降はアバディーン側も決定機を作ってましたし,それなりに面白い試合だったと思います。
メンバー的にはペトロフが抜けたためかヤロシクを外してレノンを入れてまして,グラヴェセンの上がりっぱなしに俊輔が苦笑いしてましたが,攻守のキーマンが抜けた直後の試合としてはそれほど大きな問題もないように見えました。
そして俊輔自身は調子が良さそうですね。相変わらずのピンポイントのサイドチェンジのパスは見事ですし,ドリブルのキレも良く,フェネフォールオフヘッセルリンクの得点シーンでもゴール前に詰めていたのは俊輔で,前に出る姿勢も見られて良かったと思います。
しかし,フェネフォールオフヘッセルリンクのユニは凄いですね。あれだけの文字数が背中に入っているのはやはり壮観です。PSV時代のユニの背中を見た覚えがないだけにちょっと面白かったです(笑)

【チェルシー 2-1 チャールトン】
プレミアの3試合はダラダラ見ていたので全部見たわけではないですが,やはりドログバの凄さが目立ちますね。W杯でアルゼンチンやオランダ相手に「ドログバここに在り」という存在感を見せていましたが,プレミアではそれ以上にインパクトがありますよね。シェヴァがそれほどの印象が残らないぐらいにドログバの良さばかりが私の目には映りました。

【アーセナル 1-1 ミドルスブラ】
アーセナルが今期勝ち星がないのが何となく分かるような試合でした。連携の悪さもさることながら,選手達のリズムが非常に悪いです。このまま修正できないようだと昨期以上に悪い成績になってしまう可能性は高いのではないでしょうか。センデロスもすぐには戻ってこれないでしょうし,ちょっと心配ですね。

【マンチェスターU 1-0 トットナム】
一応マンチェスターUが4連勝を飾ったわけですが,私がこの試合で良いなぁと思ったのはダービッツ。相変わらずどこにでも顔を出しますよね。貢献度がどれだけあるのかはともかく,ダービッツを見ているだけで面白いという感じで途中交代するまでダービッツばかり目で追ってました(笑)

そういえば大黒がトリノでデビューを飾ったようですね。わざわざジーコがイタリアの新聞に大黒は今シーズン世界を驚かすと語ったようですが,後半35分からではさすがに無理だったようです。まぁ時間があっても驚くほど活躍できるとは…(以下略)。

それとアイマールが移籍したサラゴサも今期初勝利でアイマール自身もゴールを決めた模様です。相当サラゴサで期待されているようですから,まずは結果が出て良かったですね。
[PR]
by wandering_devil | 2006-09-11 14:41 | 海外サッカー
<< ユアスタでの政治活動の可能性 早川ニモ負ケズ >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧