イタリアの行く末
ユーベ,フィオ,ラツィオが降格し,ミランが勝ち点&CL出場権剥奪という相当な影響を持つ判決が下されましたね。
公然と試合中に暴力行為を働いたジダンの件と違い,実際にどんなことが行われて,どれだけの犯罪性を持つのかは私は報道に流れている一部の話しか分かりえない話なので,この処分が妥当なのか厳しいものなのか,それとも甘すぎるものなのかはコメントのしようがないことなので,物の良し悪しを言うことは止めておきます。
実際のところ,検察側の求刑に対してはかなり甘い結果になっていますし,選手やファンが試合内容や選手の質をどうこう言おうが,それは検察の指摘している違法性と何の関わりもないわけで,検察の告訴に対する司法の判断は厳しすぎるということだけは無さそうですね。

問題はそんなことよりこの4チームにいる選手達がどうするかということです。
ユーベは残留を明言しているのはデルピーとネドベドだけ。レアルやチェルシーとの接触が公然と行われているカンナバーロを始めとしてほぼ全ての主力がユーベを出て行くんでしょうね。デルピーとネドベドはユーベをセリエAに戻して引退ぐらいの予定でしょうか。
フィオはトーニを出さざるを得ないんでしょうね。ムトゥは降格覚悟でフィオに…というかブランデッリ監督のところに移籍したんでしょうし,残る気がします。
ラツィオは経営難で既に選手層が苦しいですからねぇ。微妙な選手が多くなってますし,特に引き抜かれることもなかったりしてw
そしてミラン。CL出場権がなくなったことでカカ等に移籍話が勃発しています。彼ら超一流選手もCLで優勝を狙えるからミランにいるわけで,出れないのなら…というのも当然の論理かと。
しかし,06-07も勝ち点-15ですし,彼らがいなくなるようでは来期の出場権も怪しくなってしまいますねぇ。
イタリアの優勝の余韻をぶち壊す大きな移籍騒動になりそうですね。
この騒ぎで得をするのはアブラモビッチかミヤトビッチか。何にしても資金力のある者が勝者になりそうですね。
[PR]
by wandering_devil | 2006-07-16 17:15 | 海外サッカー
<< オールスター? 気持ちの緩み >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧