最後の魔法使いの終焉から考えてみる…
ジズーは最後のW杯で魔法を見せてくれた。
試合から消える時間も多かったけど,
周囲の選手にかける負担は非常に多かったけど,
ジズーは数少ない本当の魔法使いだった。
しかし,ジズーは決勝戦の終わりを告げるホイッスルを聞かずに舞台を去った。
マテラッツィのせいにするのは簡単だけど許される行為ではない。

そのジズーがW杯のMVPだそうですね。
昨晩のテレ朝のW杯特番で「ああいうことをした選手がMVPを貰うんじゃ試合開始前のFIFAのフェアプレーフラッグには何の意味もないってことですね」とセルジオが言ってましたが,まさしくそのとおりだと思います。
ジズーがどれだけ凄い実績を持っていようが,どれだけの活躍をしようが,今大会最低の暴力行為を働いた選手をMVPに祭り上げてはFIFAの提唱するフェアプレーに価値を見出すことは難しいです。
ましてや,今まで決勝戦のハーフタイムが締切だったMVPの記者投票が今大会から決勝終了後に延長されています。ジズーが暴力行為で退場になった時点でジズーをMVPのノミネートから外すべきだったんでしょうね。FIFAが「フェアプレー>サッカーの技術」であるという建前を尊重するのならば…。

ちなみに私はジズーが嫌いではありません。あの素晴らしいテクニックも,大舞台に強い勝負強さも賞賛に値すると思うし,特にボールの勢いを完全に吸収してしまう超人的なトラップなんか凄い好きです。
でも,あれは駄目でしょ。例え人種差別発言や家族への中傷であったとしても試合中の挑発なんか無視しないと駄目なんですよ。
私が好きだったカントナは観客にカンフーキックをやらかして代表を実質追放されました。もの凄く残念だったし,カントナをW杯に出してあげたかったけど仕方ないことだと諦めたんですよね。
同じく私が好きだったエッフェンベルグは試合中に交代させられた時にブーイングする観客に中指を立てて強制帰国させられました。凄い残念だったんですよね。
でも,やってはいけないことをしたことには違いはないんです。言動に対する報復での暴力行為は観客に対する愚行と同レベルでラフタックルでの退場とは別次元の最低の行為です。
だから,ジズー自身も反省し世界中の期待を裏切ったことを詫びなければならないし,ドメネクはジズーを擁護するのではなく批難しなければならないんですよ。それがフェアプレーの精神だと私は思います。

話の本筋から外れますが,ジズーにしても中田英寿にしてもまだまだできるじゃないか,何で辞めるんだという声がありますよね。
確かにロベルト・バッジオは老いてなおファンタジーを魅せてくれたし,アラン・シアラーは怪我で予定外の最後となった試合でもゴールを決めました。
でも,ジズーもヒデも何年も前にピークを過ぎていますし,今出来る最高のプレーを見せていてもそれは本人達には納得いかないんでしょう。フロント,監督やサポーターは彼らに過去のビッグプレーを常に期待しますし,それが精神的に負担になっているのだと思います。
新庄の引退発言の時も物議を呼びましたが,新庄同様に「ジズー」であり「中田英寿」であると胸を張って言える間に引退したかったんでしょう。
私は彼らのそんな美学を支持したいと思います。彼らに続くクラッキを期待して。

【追記 7/11 15:00】
ブラジルでは読唇術者が「お前の姉は売春婦だと2回繰り返した」と解析したとの報道もありますが,ジダンの愚行を正当化する方向へ話を持っていきすぎですよ。
フランスのレキップ紙が2面割いてジダンの愚行を批難したそうですが,それが全くをもって正しい行為です。
ちなみに「テロリスト」発言疑惑についてはマテラッツィ本人が釈明していて,「僕が『テロリスト』とか,イスラム教徒について話したということになっているのか。だいたい自分は物は知らないので,何をテロリストというのかも知らないぐらいなんだ」ということらしい。

・・・。

幾ら物知らないとは言っても「テロリスト」の定義が解らないって…(笑)
[PR]
by wandering_devil | 2006-07-11 11:01 | W杯
<< 気持ちの緩み マテラッツィ劇場にて消え行く幻 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧