国民の期待を裏切る交代策
≪アルゼンチンvsドイツ≫
前半は非常に重苦しい試合になりました。
圧倒的にボールを支配しながら,最後のところでシュートまでアルゼンチンはいけません。恐らくドイツは先制点を与えないためにある程度まではボールを持たせる作戦だったのだと思います。
それに対してドイツもほとんど効果的な攻めは見せられず,FKからのポドルスキーのシュートとバラックが2列目から飛び込んだヘディングぐらい。それでもチャンスは少ないながらもアルゼンチンよりはシュートまでいってましたね。

試合が動いたのは後半。
CKからヘディングで飛び込んだのはアジャラ。遅れたクローゼに吹っ飛ばされながらもしっかりとボールを捕らえたファインゴールでアルゼンチンが先制します。
守備的だったドイツも先制されたしまった以上は前に出るしかなく,バラックを中心に攻め込みますが,ドイツが前に出てくれば当然アルゼンチンの前線にもスペースができるわけで,アルゼンチンも流れの中からでもシュートまで持ち込めるようになり,試合は俄然ヒートアップします。
しかし,試合の流れが速くなればなるほどリケルメの運動量は落ち,守備では全く機能しないためにドイツに流れが傾きます。
そんな中でゴール前の混戦でアボンダンシエリにクローゼが真空跳び膝蹴りをかまし,数分後にはアボンダンシエリを負傷退場に追い込みます。下手すると肋骨いってるかもしれません。
そんな無駄な交代枠に加え,ペケルマンが守備で全く機能しないリケルメの代わりに投入したのはカンビアッソ。ルイス・ゴンザレスがトップ下に入るも当然守備的な戦いを強いられることになり,さらに残っていた最後の交代枠もクレスポ→フリオ・クルスという守備を考えた交代で使ってしまいます。
交代が守備を考えたものであればあるほど,選手たちも気持ち的に守備に気持ちがいくもので,守備をするための交代が裏目に出て完全にドイツにペースを握られ,アルゼンチンはシュートすら打てなくなります。
そして,バラックからボロウスキがヘッドで流しクローゼが強烈ヘッドで同点になります。アボンダンシエリだったらもしかしたら止めていたかもしれないだけに,悪い言い方をすればクローゼの布石どおりになってしまいました。
こうなるとドイツの勝ちは時間の問題かなと思っていたら,今度はバラックが足を痛め動きが非常に悪くなり,結局延長戦でも決着がつかずPK戦へ。結果は知ってのとおり。

ペケルマン監督はアルゼンチンにみんなが期待するほど直情的な策を選択する人ではなく非常に現実的な選択をするのは分かってましたが,前線でタメを作って時間を稼げる人間がテベス一人ではやはり無理がありましたね。守備のみに専念する形になったあの交代は明らかに失敗。リケルメを下げるのであれば,メッシあるいはアイマール。つまり,前線でボールをキープしかつドリブルでドイツ最終ラインを混乱させれる選手だったと私は思います。
そして,この消極的な交代はアルゼンチン国民が望んだものではないことだけは間違いないでしょう。最も美しく楽しいサッカーをできるはずの国が選んだ消極的な采配は彼がこれまでにユース世代で築き上げた実績を潰しかねないほどの世論の反発を招くのではないかとちょっと心配しちゃいますね。
まぁ私はこの試合は采配で負けたとしか思いませんがね。優勝するに最も相応しい国が選択を誤っただけだと。

これで私が応援する国は日本,チェコ,スペイン,アルゼンチンと負けて残りはポルトガル一つになりました。そして優勝予想も外れてしまいました。
こうなったらパウレタ得点王しか望みはありません(絶対無理!)
[PR]
by wandering_devil | 2006-07-01 03:08 | W杯
<< それぞれの美学 王国に魔法は要らないらしい >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧