守備にスペクタクルはない
≪イタリアvsオージー≫
前日の睡眠時間が1時間半だったので最後の方はかなりウトウトでした。

前半はオージーの守備が非常に良く,イタリアもトーニの優れたボディバランスと技術で何度かチャンスを作ったものの,基本的にはピルロを抑えられて思うような攻撃が組み立てられません。
オージーもビドゥカとブレシアーノを中心に攻めていて,結構行けるんじゃないかと思うぐらいの展開で試合が進んでいました。

後半開始時点からイタリアはジラルディーノに代えてイアクィンタ投入。リッピのお気に入りはやはりピッポじゃないんですね。

しかし,後半開始直後にマテラッツィが得点機会阻止とも危険なタックルとも取り辛い程度のファウルで一発退場し,イタリアは已む無くトーニを下げて実質イアクィンタの1トップにします。
イタリアにはポルトガルのフィーゴやシモンのようにドリブルだけで前線まで持っていけるドリブラーはいないですから,前線で唯一身体的に勝てていたトーニをどうやって点を取る気なのか,リッピの考えは全く分かりませんでした。
そんな危惧を体現するかのようにそれからはオージーの独壇場。サイドを大きく使いながら何度もイタリアゴールに迫り,イタリア守備陣は集中力高く守りますが,如何せんイアクィンタの1トップでは何も出来ず防戦一方。大きくクリアしてはイアクィンタが競り負ける最低の展開。

そしてイタリアが勝つ方策が見えなかった後半30分に,リッピは体調芳しくないはずのトッティをデルピエロに代えて投入。ここでトッティを温存して負けてしまっても仕方ないですから当然の策でしょう。

しかし,それでも流れは相変わらずオージー。
このまま延長まで行ってイタリアの体力負けかな…と思った後半ロスタイムに,グロッソがエリア内で倒れて何故かPKの判定。
マテラッツィを変な判定で退場させたお詫びでしょうか??
これをトッティがしっかり決めてイタリアは辛くも勝利となりました。

どうなんでしょうね?FIFA国際大会お約束の大国有利のジャッジ発動ですか?

まぁ何にしてもロングボールだらけのイングランドよりは遥かにマシとは言え,イタリアの攻撃には何の魅力も感じられなかったです。見せ場はトーニの超人的な反転シュートぐらいでしたかね。
守備は確かに相変わらず組織だって集中力高く高次元の出来を見せていましたし,ブッフォンも現時点で世界No.1のGKと言っても過言ではない活躍してますけどね。

改めて言いますが,守備にはスペクタクルはないんですよ。

≪ウクライナvsスイス≫
TVを消さずに寝てたので,何度目か目が覚めたときにちょうどPK戦が始まるところでした。
1本目はシェヴァとシュトレーラーが止められ失敗。
2本目にミレブスキがど真ん中にループを大胆にも決めて,これでスイス選手が戸惑ったのかバルネッタ,カバニャスがバーとGKに止められてしまいます。
逆にレブロフとグゼフはきっちり決めて3-0でウクライナの勝利。
やはりPK戦って分からないものですねぇ。
[PR]
by wandering_devil | 2006-06-27 10:25 | W杯
<< 文句なしの好試合…だったら良か... ポルトガルは羽ばたく >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧