ポルトガルは羽ばたく
≪ポルトガルvsオランダ≫
オレンジでないオランダに違和感たっぷりです。
ポルトガルの躍進を掲げる私としてはポルトガルに是非頑張ってもらいたいところですね。
ポルトガルは現状のベストメンバー。オランダはニステルをベンチに置き,今日はカイトを使ってきました。ファン・デルファールトも体調面ですかね,ベンチです。

序盤はオランダが良いプレスから果敢に攻め込んでいます。
ポルトガルは前の4人になかなか良いボールが入りませんが,前半7分にしてクリスティアーノがイエロー2枚をゲット。これが後々響いてくるかもしれませんね。
ただクリスティアーノの怪我が心配。

オランダはカイトをポストにファン・ペルシーとロッベンが仕掛ける攻撃。二人は積極的にシュート打ちますから怖いですね。

やっぱロッベンはダイバー疑惑かけられてますね。
怪しいぐらいですぐ倒れるから笛吹かれるんですよ。

クリスティアーノからデコ,デコからパウレタ,落としてマニシェのゴール!!
ポルトガル先制です。

しかし,この試合はレベル高いねぇ。両チームともに技術レベルも戦術レベルも組織レベルも非常に高いです。ちょっとしたミスでも命取りになりそうです。

クリスティアーノの足をクロスさせてのノールックはおしゃれですね。同じプレーをクロアチア戦でロナウジーニョがやっていましたが,クリスティアーノの顔でこれをやられると何かが違います(笑)

うわっ。クリスティアーノ壊されちゃった…。
シモンも悪くは無いけど次元が相当違いますからね。かなり痛いです。
クリスティアーノ泣きそうだし。女性ファンが同情しそうですね。

ファン・ペルシーの鬼のような切り返しで3人を手玉に転がしてからのシュートは凄いですね。

コスチーニャ気をつけてくれ。退場したらシャレにならないです。

ちょっとポルトガルがバタバタ気味。
前半終了間際にシモンが自陣ゴール前でファウルでオランダにFK。ただし,スナイデルのFKは枠を遥か超えます。

シモンが名誉挽回で右サイドを駆け上がり中央へ。パウレタが反転シュート。ファン・デルサールがナイスセーブ。

コスチーニャが無駄なハンドで退場してしまいました…。
やっぱ試合勘ないのか。モスクワの風は冷たかったんでしょうね。

そのまま前半は終わりましたが,あと45分どうなることやら。
ポルトガルはオランダよりはパス回しが早いのでボールキープ率でオランダに負けるのはどうでもいいですし,決定機もポルトガルの方が多かったですからね。ミゲルがEURO2004と同様にこのままロッベンを完封してくれればゲームプランどおりだったんですが…。
カウンターからパウレタ頼みの攻撃だけになってしまいそうですが,オランダの猛攻を凌いで勝ちきってもらいたいものです。

あら?パウレタ下げちゃった。どうやって点取るの??
とりあえず守備的にペティ,マニシェ,デコと並べて前にフィーゴとシモンを並べる陣形です。

コクーのシュートはクロスバー,ミゲルのシュートはファン・デルサールがはじく,ファン・ボメルのシュートはリカルドが防ぐドキドキの展開。

オランダはマタイセンに代えてファン・デルファールトを投入。耐えられるか?

カウンターからデコがFKをもらいます。シモンのFKは僅かに上。
オランダの猛攻は凄いし,カウンターから必ずシュートまで持っていってしまうポルトガルも凄いです。
そして何とボラルースがフィーゴに肘入れて2枚目のイエローで退場し10対10になってしまいました。
ポルトガルはデコを少し前目に上げてトップ下気味にしましたし,オランダは已む無くファン・ボメルを下げてヘイティンガをDFラインに入れてきました。
これでちょっと試合が落ち着くかな。

ファン・ペルシーがキレキレのドリブルから絶妙のクロスを上げるも誰も合わせず。

ロッベンに全く仕事をさせないミゲルが凄すぎ。そろそろダイビング発動?(笑)

レフェリーボールから再開したが,ヘイティンガの能無しがそのまま続行したためデコが激しいタックルでブロック。当然デコにカードが出るも,ヘイティンガの様子を覗き込んだペティをスナイデルが吹っ飛ばしてイエロー。その騒乱からラフプレーだらけ。
さらに遅延行為でデコまで退場し,ポルトガルはさらに一人減ります。

もう知らない…。

おいおい。オランダはクリスティアーノ,リカルド・カルバーリョに続いてリカルドまで壊す気かよ。

オランダがボールを持つと会場は指笛だらけ。
ポルトガルがなかなかボールを蹴らないと指笛だらけ。
会場はどちらの敵でもあるようです。

ポルトガルは守備的なチアゴをフィーゴに代えて投入。前に残るのはシモンだけ。
オランダはコクーを下げてヘッセルリンクを投入。

パワープレーからの怒涛のオランダの攻撃が続きますが非常に心臓に悪いです。

カウンターからポルトガルがキープを始めますが,ボールを奪い返したチアゴにファン・ボルンクホルストに2枚目のカードで退場でとうとう9対9…。

もうサッカーじゃないです。

こんなの試合じゃない。

ポルトガル逃げ切ったけどさ…。

コスチーニャ退場するまでは物凄く良い試合だったさ。

レベル高い試合だと思ったさ。

でも,これ…何だろう。

私は何が何だか全く分かりません。

【追記 5/26 10:15】
イエロー16枚が出た酷い乱戦でしたが,その辺の分析を新聞報道が一切していないので追記します。
主審がイエローを出す基準自体については今大会の平均的基準を上回るものではなかったです。もちろんW杯の標準であり,欧州リーグよりは当然辛目になっています。
また,ファウル以外のカードでは,リカルドの遅延行為は疑問符つきますが,デコの遅延行為は結構酷かったので2枚目のイエローも仕方なかったかと思います。
しかし,この試合でここまで主審がコントロールできないぐらい酷いものになったのは,ヘイティンガがフェアプレイ精神を忘れた行動に出たためです。

オランダの攻撃を凌いだポルトガルがカウンターに入った時に倒れてる選手がいたのを見て主審が試合を止めました。その後,レフェリーボールから再開するのですが,ヘイティンガが何を思ったかポルトガルにボールを返さずに20mぐらいドリブルを始めたのでデコがカード覚悟でふっ飛ばしました。
その倒れたヘイティンガを覗き込んでいたペティをスナイデルが突き飛ばしてからが大変な騒ぎに。エキサイトしまくりで両チームのチャージがラフ過ぎてこの試合の基準でいけばイエロー出まくり。

ちなみに主審がファン・デルサールは「主審が悪いと選手はフェアプレーをしなくなる。」と語っていますが,ヘイティンガの非紳士的な行動を主審のせいにするのはお門違いも甚だしいです。

マスコミはこういうことをきちっと書かないから審判の悪口だけが蔓延るんですよ。普段は審判の悪口を書いてる私もこの件だけは多少主審に同情します。荒れた試合になった後に判定の基準を緩くしたら怪我人が増えるだけですから。

【追記 6/26 13:30】
主審に同情はしてますが,こういう試合になったの二大理由の一つに主審の必要以上の干渉があったのは間違い事実ですし,彼の判定に納得なんかしてはいません。
ただ,主審だけを責めてヘイティンガの愚行を報道しないマスコミに憤りを感じているだけです。
[PR]
by wandering_devil | 2006-06-26 04:54 | W杯
<< 守備にスペクタクルはない 小国の逆襲…とはいかず >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧