完敗から足りないものを考える
ちょっと更新が止まってましたが,別にショックを受けていたからではありません。
書く時間が無かったからでして,おかげで日本について色々考えることが出来ました。

≪日本vsブラジル≫
結果は完敗。
戦う意志が見えたのは川口と中田ヒデだけでした。
無論他の選手にその気持ちが無かったわけではないでしょうが,体力的,技術的にその戦う意志を体現できるレベルになかったのでしょう。
監督自体の能力を議論する以前にあまりにも選手のレベルに差があり過ぎました。

選手に自主性を与え,世界で勝てるサッカーをやろうとしたジーコ。
しかし,現実の選手達はそれについてこれなかったわけです。

ヒデは精神面で最もジーコに応えた選手でしたが,周囲との意識の差を埋められることができずに孤立し衝突を繰り返してしまった。

俊輔は技術面で最もジーコに応えた選手でしたが,体力的にW杯の本番でその力を発揮することができなかった。

小野は想像力で最もジーコに応えた選手でしたが,度重なる怪我の影響で自らの想像力を体現できるコンディションを全盛期まで戻すことができなかった。

そして,それらの中盤が如何なる展開を繰り出そうと,それを確実に決められる決定力とコンディションを持つFWが日本にはいなかった。

また,その中盤の攻撃力を活かすための守備力,そして海外のトップの選手たちと対峙する経験を兼ね備えたDFも日本にはいなかった。

日本にいたのは海外リーグや海外でのW杯で苦しんだ経験を持つただ一人のGKだけだった。

確かにジーコの選手交代に関する采配には大きな疑問点があります。そして,選手を過信した戦術と起用にも不満は残るでしょう。

しかし,ジーコが最後に選んだ4-4-2というフォーメーション。
これだけは間違いではないです。
現代サッカーにおいて,3-5-2という戦術は試合中の守備的な戦術オプションに過ぎず,世界の中心はほぼ全て攻撃的な4バックです。現実にW杯で3バックを採用していたのは日本のほかにはコスタリカだけではなかったでしょうか。
(私が気付いていないだけで他にもあったかもしれませんが,記憶に残るようなチームにはありませんでした。)

日本選手が慣れていない4バックを採用することについて,監督に文句を言うのは簡単です。
しかし,それができないようでは世界からは取り残されるのです。
そして,4バックに対応できない理由は簡単です。
代表選手を数多く輩出しているJ1のトップチームであるガンバ,マリノス,レッズ,アントラーズの4チームのうち,シーズンを通して4バックを実践しているのはアントラーズだけ。
西野監督が4バックの適性が無い宮本を外してまで家長をSBに起用した超攻撃的4バックを試したりしてますが,それも毎試合のことではなく,あくまでも加地が右SBに使える時だけです。
岡田監督も昨年は4バックをやっていましたが,今年はまた3バックに回帰しています。
昨年の入替戦のことですが,甲府は対戦した柏に驚いたそうです。
今時3バックをやっているチームがあるのかと…。
結果はご存知のとおり超攻撃的な甲府の圧勝。
今年J1に上がったチームは残念ながら絶対的な選手層の薄さからなかなか勝つことが出来ませんが,川崎FはJ2で培った4バックで選手のレベルが絶対的に上の浦和や横浜を抑えて現在の暫定首位にいます。
無論4バックであることだけがその要因ではありませんが,J1はJ2にすら遅れているのは事実です。
日本が世界に通用するサッカーをやるには決定力のあるFWの育成は勿論のことですが,フィジカルと技術を併せ持ち4バックを一人前にこなせるSBとCBの育成は急務です。
その辺をJ1の各チーム,特にブッフバルト,岡田の両監督は考え直して欲しいですね。

今回の敗戦をジーコ監督一人に押し付けて新しい監督を迎えて期待するのではなく,今の選手に何が足りなかったかよく考えて次のW杯に備えなければ,オーストラリアが入ってくる新しいアジア予選ではまた厳しい戦いが待っているし,南アに行けたところでまた何か足りないサッカーを披露することになりかねないでしょう。
[PR]
by wandering_devil | 2006-06-24 23:52 | 日本代表
<< 予定調和? 愚行による終幕 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧