強かったのはコートジボアール。でも…
《オランダvsコートジボアール》
初戦を辛勝したオランダと初戦を惜敗したコートジボアールの戦いです。
ファンデルファールトは結局先発してません。

ファンペルシーの気持ちの入ったFKでオランダが先制。
そして先の試合で私が酷評したニステルがオフサイドラインぎりぎりから飛び出して2-0。

このあとロッベンがエリア内で倒されるも逆にロッベンにイエローが出ます。
これはやはり常々ダイバー疑惑をかけられてる影響もあるのかな?
シミュレーションと言い切るには厳しい判定だと思います。

この辺りからコートジボアールの逆襲がドログバを中心に始まります。
そしてチビっ子B・コネがドリブルで右に切れこみながら豪快なミドルを突き刺して1点差とします。

さらにドログバが裏へ出るボールに反応しますが、ファンデルサールに接触してイエローの判定。これもちょっと厳しい判定でしたね。ドログバは次の試合は出場停止になってしまいました。

しかし、関係ないですが、前の試合で鼻血を出したロッベンはルーニーに負けず劣らずの恐い顔してましたね(笑)

おおっ。後半早々に怪我で出遅れていたファンデルファールト登場です。
これでオランダは過半数がファン●●になりました(笑)

しかし、後半からは完全にコートジボアールのペースになってきました。

…とは言え、コートジボアールが攻め続けるのに決まらない決まらない。
オランダの守備陣は集中力高いですね。決して誉められた試合ではないですが、こういう試合をものにできるのはそれはそれで強さなのかもしれないですね。
何にしてもこれでアルゼンチンとオランダが決勝トーナメント進出が決定です。
そしてコートジボアールは敗退が決まってしまいましたが、このチームは本当に強いです。少なくとも今日はオランダよりも遥かに魅力的なサッカーをやってました。
次の大会でまた見たいな…と率直に思えた素晴らしいサッカーでした。

試合見ながらずっと感じてたんですが、この主審はカード出し過ぎじゃないですかね?
それも出すタイミングが遅いので、プレイに対するものか抗議に対するものか分からないです。
全体的にも主審が目立っちゃってますからね。お世辞にも良いジャッジとは言い難いです。
[PR]
by wandering_devil | 2006-06-17 02:58 | W杯
<< 走れないチームに勝利の風は吹かない 圧勝 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧