イングランド
《イングランドvsパラグアイ》
開始早々のベッカムのFKからのオウンゴールでイングランドが先制すると、あとはクラウチに向かってのロングボールかCHの二人のミドルだけという情けないサッカーに終始してました。
これがルーニー不在の代償であり、クラウチがいる弊害でしょう。
確かにイングランドが1-0で勝ちはしましたが、こんなつまらないサッカー見たかった訳ではないし、やはりルーニー骨折からイングランドの評価を下げて正解だったようです。
これだけの面子でこんな程度の試合とは、本当にがっかりしました。
ルーニーの早期復帰がない限り、見所はCH二人のスーパーミドルだけなのかもしれませんね。

そういえば終盤にハーグリーブスが入るオプションがありましたが、本来はあれはレドリー・キングだったんですよね。キング故障後の連携の詰めが甘そうな感じがしました。

また、ポスト役のクラウチがファウルを取られまくって大した役にも関わらず、実況やスタジオのアナがクラウチ、クラウチ煩かったですね。民放じゃないんだから勘弁してもらいたいです。

ちなみに公言どおりHDDレコーダー買ってきまして,既に寝落ち対策のためにフル稼働してます(笑)
[PR]
by wandering_devil | 2006-06-11 00:04 | W杯
<< 新興国の逆襲 開幕 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧