希望の持てる試合
高原たまんねぇ(笑)
今シーズン通して1点しか取れなかった男がドイツ代表相手に2点取ってしまうんだからサッカーって面白いですよね。最初のシュートが見当違いのところに飛んだときには,今日は「枠に飛ばない日」かと諦めていたんですが,ブンデスリーガで1対1を外しまくったのにあれだけ見事なシュート決めるんですからね。ジーコが高原のコンディションの良さを強調してたのが分かった気がします。本番でもあれだけの余裕と冷静さを持ってゴールを決めて欲しいですね。

(意図的にやっているという仮定の元ですが,)全体の戦い方も良かったですね。前半は両サイドが無理をせずに相手に支配率で譲っても0失点で抑えてカウンターで決定機を作る。そして後半に押し上げて勝負する形は本番でも活かせるでしょう。
高原の素晴らしい2ゴールの後にセットプレイから2点返されてしましましたが,戦い方としては満足できるものだったと思います。本当はセットプレイの守備をきちんとやって,きちんと決定機を決めてもらえば満足できたんですけど…。
やっぱ勝たなきゃいけなかったんでしょうねぇ。

加地の予想外の負傷交代で入った駒野が最初は守備面でとまどいがあったようですが,後半は俊輔&ヒデの精度の高いサイドチェンジに対してスペースへの良い飛び出しを連発して,前半に押し込められてた右サイドを奪い返してました。加地は足首を持っていかれていたので状態が心配ですが,駒野が使える目処が立ったのは良かったと思います。
前半を見てるとヒデや俊輔はフィジカルの強い1流国相手だとボール持てないのかなという気もしましたが,後半にチーム全体で押し上げるとやはり技術があって簡単にはボールを取られないですね。スルーパスの精度はドイツの選手より遥かに上でしたし,どこ相手でも十分に通用することを証明できたと思います。
問題点としてはセットプレイの守備。相手が良いボールを確実に上げられる状況だとゴール前でフィジカルで簡単に振り切られますからね。一瞬の判断の遅れが致命傷になるだけに,マークと動きの確認をしっかりして修正をして欲しいです。

反対にドイツは相当酷いですね。日本相手に後半はほとんど良い様にやられた上に負けに等しい引き分けでは,クリンスマン監督はまたも国内世論の罵倒をあびることでしょう。このままだとグループリーグに恵まれたはずのドイツが早々の敗退も囁かれかねませんね。
今日の試合を終えて日本人の私から言えることは,「せいぜい頑張ってね」ってことだけです(笑)

ちなみに田中誠の離脱→茂庭の合流が決定したそうです。加地は松葉杖で帰ったそうですが,茂庭ほど簡単に代役がいないので心配です。
[PR]
by wandering_devil | 2006-05-31 07:14 | 日本代表
<< もしドイツvs日本戦の主審が家... グループA~D順位予想 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧