高校生よりクラスニッチよりもスペインの4-3-3
先日,日本代表が対戦した湯本高校は昨冬の高校選手権に出場してるんですね。その県予選で活躍したのがFWとボランチの2年生らしいので,今年も福島県なりには強いんでしょうね。
それに対して富岡高校とは…。福島県サッカー協会の会長挨拶に拠れば,JFAが「中高一貫指導」としてサッカーエリート教育を行う中心になる学校だそうです。幼稚園の頃に2年ぐらい浜通りに住んだことのある私の怪しい土地勘(何しろ物心つく前だから…)からすれば,Jヴィレッジに一番近い普通科の高校が富岡高校なんだと思います。今回の合宿自体が代表選手の練習を「JFA中高一貫指導」の生徒たちに見せたいがためにJヴィレッジで行われているという噂もありますし,JFAなりの地元貢献なのかもしれないですね。
それはともかく湯本高校戦で12-0は少ないなと思っていたら,富岡高校戦は22-0だそうです。昼のニュースでも高原と柳沢のゴールを流してましたが,さすがに22点も取ると,たかが高校生との練習試合での「●●ハットトリック!」なんて馬鹿記事は見なくてすむのかもしれません。

でも,そんな高校生相手の試合とかクロアチアが強いとか結果が分かりきってる練習試合なんかさておき,私がもっと気になった今日のニュースはこれ↓
スペイン代表が4-3-3をテスト
アラゴネス監督は中盤をディフェンシブな選手1人と前に出ていく選手を2人、前線をセンターFW1人とアウトサイド2人で構成する4-3-3の布陣を試していた。
 レアル・マドリーのFWラウルは中盤でプレー。ワールドカップに向け、アラゴネスは強い攻撃的指向を持ったフォーメーションを計画している。

このフォーメーションに選手を当てはめてみるとMFがアルベルダ,シャビ,ラウール,FWがレジェス,トーレス,ホアキンですか?ビジャはどこへ?
本当ならトーレスの代わりに入れたいところですが,ホアキンの代わりでも構わない。中でも右でも左でもどこであろうと,トーレスよりラウールより得点する可能性は高いと言えるぐらい調子良いんだからビジャを使ってあげてください。>アラゴネス監督
[PR]
by wandering_devil | 2006-05-24 13:59 | W杯
<< ギリシャが『仮想日本』って何??? 背番号10の母国への帰還 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧