「当落線上の…」というよりは「死刑執行台でのレクイエム」?
昨日のブルガリア戦ですが,かなり残念な酷い試合でしたね。あれなら5-2ぐらいで勝って欲しかったです。
ペトロフ以外はヤンコビッチも含め大したことがなく,先日の全く攻めないいんちきフィンランド代表を思わせるような二軍のブルガリア代表相手にあれしか点が取れないようでは,日本も前線は二軍だったとは言えW杯本番に向けて不安を残す形になりました。
ブルガリアは立ち上がりにうまく得点できたために守備面を重視した試合に徹し,後半は時差ボケと湿度のためか足が完全に止まってダルダル。最後のFKの時だけやる気を見せてDFが上がってきましたが,巻の同点ゴール以降も「引き分けで良いや」とばかりのペトロフ任せの攻撃しかしていませんでした。しかし,ほとんどなかったチャンスを確実に決めるところが昨日の日本代表との一番の違いでしたね。
しかし,相変わらず『仮想●●』というには程遠いレベルで,日本代表の致命的欠陥である「決定力不足」をまたもや露呈するといったこと以外に何の対策にもならない試合でしかありませんでした。本当に『仮想●●』だったのはボスニア・ヘルツェゴビナぐらいかな?

日本代表についてですが,総論としては『W杯当確メンバー』と『行けないことを自覚しているメンバー』のモチベーションの格差が如実に出ていて,最終ラインの押上げが相変わらず足りません。そしてシュートが枠に行かないのであれば点が入るわけもない。ちなみに守備陣が崩壊とか報道で書いているところもありますが,最初の失点以外崩された形がほとんどなかったですし,「2失点したから崩壊」というサッカー素人的な見方しかできないレベルの低い記者が書いてるんでしょうね。
そもそもジーコが試合直後にも発言しているとおり23人枠が既に確定しているのがモチベを妨げている原因ですよね。後者は行けないのが頭では分かっていても「もしかしたら…」と考えて死ぬ気でやりますが,前者は調子悪かろうが体調悪かろうが骨折しようが行けるの分かってったらモチベも上がりませんよ。微妙なのは遠藤と稲本のどちらを連れて行くかぐらいなんだから(恐らく稲本ですが…)。
あとは恒例の選手別短評。

川口(確)
失点は川口の責任ではないかと。それでもFKは止めて欲しかったですが,相手がボールに触れそうな感じで詰めていた以上は決してポジショニングミスとは言えないでしょう。

宮本&中澤(確)
守備面はそれほど問題ないけど,相変わらずの展開力不足。キックの技術に精度がないのは承知の上でも,後半に相手があれだけ引いたのならもっと積極性を出して欲しい。

加地(確)
ペトロフ対応に追われていたのは分かりますが,試合を通して積極性が見られず。

村井(落)
裏のスペースを使われて最初の失点をしましたが,積極性が見られ動きは悪くなかったと思います。左膝前十字靭帯損傷の疑いとのことですが,W杯とは関係なく本人のために早い回復を祈ります。

三都主(確)
いつものアレではなかったですね。ああいう試合こそいつものガンガン勝負する姿勢が必要だったのでは?せっかくの見せ場の試合だったのに…。

福西(確)
普段どおりの出来で問題なし。中盤を入れ替える時に何故阿部を残して福西を外したのか分からない。

阿部(落)
疲れが溜まっていたのか何が原因かは分かりませんが,過去の代表戦の中では最低の出来ではないでしょうか。何より球離れが悪過ぎて攻撃のリズムを崩す最大の要因になっていましたね。

遠藤(落)
やはり単独トップ下では並の選手ですね。以前の代表戦のように俊輔とダブルトップ下ならそれなりに生きれるかもしれませんが。そして慣れないポジションで疲労したせいか,ボランチに下がってからも,らしくないプレーに終始してました。

小野(確)
日曜日のJの試合で凄く評価が高かったので期待していましたが,私が見たJ復帰後の小野の試合の中では最もイメージとプレーが噛み合っていた気がします。本番では小笠原とのポジション争いでしょうが,このレベルで出来るなら小野も有りかなと思える体のキレでしたね。

小笠原(確)
途中交代で入った割にはちょっと激しさが足りない気はしましたが,寿人の良いところを一番認識しているのは彼かもしれませんね。

長谷部(落)
浦和でたまにポジション入れ替えてるように小野が引いて長谷部が前に行った感じでしたね。惜しいチャンスはありましたが,またも代表初ゴールならず。長谷部には是非ジーコ後の日本を背負ってもらいたいと思います。

巻(落)
相変わらずの気持ちの入った泥臭さが良いですね。久保もコンディションが戻らないのは分かりますが,巻を見て何かを感じて欲しいです。
それはさておき『気持ちで入れたゴール』は良かったですね。この勢いをナビスコ杯に繋げましょう。

玉田(落)
日刊が記事に「巻弾でもW杯は玉田か」と書いてますが残念ながら玉田も落選です。FWは久保,高原,大黒,柳沢の4人で枠は埋まってますから。
そんなわけで前の試合と同じように引いてボールを貰いチャレンジする形はキレてましたね。ただ彼はFWです。点を取るのがFWです。JでもPKによる1点しか取れないレベルにしかシュート精度が戻っていない玉田は,アジア杯の『神』の時と比べると天と地ほどの差がありますね。久保も柳沢もどんなに試合から遠ざかろうと代表でゴールだけは決めるので認めざるをえない訳ですから。
大体あのワントラップボレーが駄目なんですよ。ミラン戦のジュリじゃないんだから,ゴール側に体を向けてトラップして打たないと無理だって。前の試合でも同じこと書いた気がしますけどね。

寿人(落)
あのロングパスを決められなかった時点で昨日は終了。
しかし,わざわざ『残り15分』というシチュエーションでのみ試されるということは,やはり大黒のバックアップメンバーなんですねぇ。

ジーコ
小野と小笠原を入れるのが遅かったんではないでしょうか。相手の戦い方を考えれば最終ラインは2枚で十分ですから,もっと早い段階でどちらかを入れて4-4-2にすべきだったと思います。
それとあの試合直後のインタビューはちょっとデリカシーがないですね。スコットランド戦が残っている以上は落選確定メンバーが可哀想です。

日本テレビ
最近テレ朝に代表の試合の放映権取られすぎて勉強不足も甚だしいですね。今までの代表の試合を見てたり,ジーコのインタビュー記事を読んだりしてれば,小笠原と小野を呼んだ時点でシステム変更以外考えられないことも分からないなんて。田中誠が下がるの分かってからも,「もしかするとシステム変更もあるということなんですか?」とか武田に質問してましたから。
これだから民放のサッカー中継は嫌なんですよ。よほどJチームのある地方のローカル局アナの方が遥かにサッカーの知識レベルが高いですね。


そういえば報道で見たんですけど,スコットランド代表にセルティック勢がいないって本当ですかね?召集はかけたとの報道は読んでいたんですが,マロニーがいるといないで全然違うと思います。今年のSPLで最も成長した選手と言えますからね。

(5/11 11:50追記)
W杯当確メンバーの人数を数え間違えてました。やっぱ遠藤は当確なんですねぇ。
[PR]
by wandering_devil | 2006-05-10 14:03 | 日本代表
<< 【ネタ】 メンバー発表 ジーコ... 寿人の挑戦を見守ろう。 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧