レッズを止めたのは家本?
横浜FC戦でもボルジェスを苦しめていた家本審判ですが,今節も大活躍でした。浦和vs清水をTV観戦したのですが,清水の2点は賞賛されるものであるとは言え,浦和を本当に苦しめたのは不可解な笛のオンパレードとイエローカード7枚の縦断爆撃(清水は2枚)。あまりにイエロー出し過ぎて,坪井に2枚目出してから,1分ぐらいしないと2枚目だと気づかない始末。レッド貰った坪井も退場するときに,「はいはい,またかよ。勝手にしてくれよ。」とでも言いたげな表情をしてましたが,せめてカードに誰に出したか分からなくならない程度に出して貰いたいものですね。ついでに言えばワシントンにあげたPKもかなり『やり過ぎ』ですがね…。

そこで,家本審判が信じているだろう勘違いを3つほど指摘したい。

その1:ペナルティエリア内で誰かが倒れたら,PKを宣告するかシミュレーションでカードを出さなければならない。

その2:外国人(アレも含む)は常に審判を欺こうとしている。

その3:審判の威厳を保つためには即座にカードを出さなければならない。

馬鹿馬鹿しいのでそれぞれに説明なんぞ要らないでしょうが,ちょっと怪しいプレーぐらいは流して,後で口頭注意すれば足りるもの。試合の流れを断ち切るそのジャッジこそが選手のリズムを崩してファウルを増やす原因となりかねないことを認識してもらいたい。また,多過ぎるカードは『審判としての試合を仕切る能力の無さの証明』であって恥ずべきものだとどうして気づいてもらえないのか不思議です。あれだけカードを出せば選手や監督やサポーターはその審判に不信感を持つから余計に威厳なんぞ無くなるに決まっているのに。

ちなみに今節はSRではないのに4試合でイエロー16枚,レッド1枚出してる扇谷審判も大活躍。大宮vs大分の試合で家本に負けず劣らず9枚放出していました。こういう審判が増えるのも問題です。

(11:48 追記)
坪井の退場ですが,どうやら「忘れられていたんで自分から“2枚目”と言いました」とのこと。そりゃサバサバした表情で退場するわけだ。アホらしくてやってられないでしょ。
そういえば同記事で,「僕だからシミュレーションになったと思う。そのイメージを消すことができない。」とのアレの発言が載っていますね。やはり当人達もそう感じてたんですね。FIFAが人種差別を問題視してますが,家本のジャッジもそれに類して罰してくれないかなw

もう一つ。ポンテが試合後にレッドを貰ったようで,都合10枚のカードとなりました。。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-24 10:36 | Jリーグ
<< J最速男 みちのくにダービーの風が吹く! >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧