みちのくにダービーの風が吹く!
月曜になってから土曜の試合の感想を書く相変わらずの遅さ加減ですが,週末はみちのくダービーということでベガルタvs山形の試合があり,またも見事に3-0快勝。
ベガルタはボルジェスが出場停止だったため,サンタナ監督はFWの起用法を3つ挙げていましたが,(どうやら予想した人全員が当たっているようだが…)私の予想どおり素直に萬代の1トップ起用となりました。
その萬代ですが,前半はかなりの追い風だったために前に急ごうとする気持ちが強かったのか,(オフサイドトラップを狙われてる感じもしないのに)裏を狙ってオフサイドを頻発してましたが,チームの姿勢として裏に萬代を走らせる方針だったようで再三狙って,幾つか惜しいチャンスも作れてましたね。裏へ走っての2点目のクロスや,裏へ抜け出した菅井の折り返しにタイミングを合わせての3点目である自身のゴールは見事でした。贅沢言うと,ロペス&チアゴと足せばもう数点取れるぐらいチャンスあったんじゃないの?…というのもありますが,何にしても今シーズン初ゴールおめでとうございました。
そのもう数点絡んでたはずのロペス&チアゴですが,やはりマークがルーズだと彼らの攻撃の技術は数段抜けてますね。セットプレイ以外は守備を全くする気がないのが珠に傷ですが,カウンターでボールを貰うと二人だけでもあっという間に相手ゴール前まで運んでしまうのは圧巻ですね。それに今節はトリオの一角ボルジェスがいなかったために,日本人がきちんとオーバーラップすればトップの萬代以外にも裏へ良いパスを供給していました。彼らも視野はかなり広いですから,カウンター時にブラジルトリオに加えて,あと1,2人追い越す動きをもっと見せれば更なる破壊力が見込めると思います。この辺はホームで攻め勝たなければならない次節の水戸戦の課題ですね。

守備面でピンチらしいピンチと言えば,クロスバーに2回当たった場面と,終盤にベガルタの右サイドを破られたけどシュートミスで助かった場面ぐらいでしょうか。ゲームプランとしては,『中盤は相手に持たせてゴール前を固め,ミドルは高桑が止める』という普段どおりの作戦だったんでしょうが,終盤にちょっと集中力が欠ける場面があったのが残念です。それと7人で引いて守るのはいいとして,カウンターの時にブラジルトリオを孤立させないよう,攻守の切替をもっと早くできたらいいですね。そうすればもっとポゼッションも上げられますし。

・・・。

6試合連続無失点だと贅沢になってますなぁw

まぁ何はともあれ上位陣がバタバタと崩れたためにタナボタで2位浮上。柏が1試合多いために第1クールの残り2試合を連勝すれば自動的に首位ですよ。『今年こそ優勝して昇格』というのが心の中では既成事実になっているとは言え嬉しいですね。今度こそ本当に首位になってもらいましょう。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-24 10:08 | ベガルタ仙台
<< レッズを止めたのは家本? みちのくにダービーの季節がやっ... >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧