『あと10m縦に勝負する勇気』 from ベガルタ仙台vs横浜FC
いつもながらエントリが遅いですが,土曜日のベガルタの横浜FC戦は残念ながら2試合連続のドロー。勝てた試合(横浜FCサポも同意見?)だっただけにもったいなかった気がしますね。
金曜日に金子先発と書きましたが残念ながら出番はなく,菅井がボランチに戻って中田が先発。その代わり,膠着状態だった後半に萬代を入れての4-4-2というオプションを試していました。賛否両論あるようが,私はそれなりに良かったと思います。ボルジェスはポストが若干弱いし,後ろの2人のブラジル人もバランスを取りやすかったようですから,今後も試す価値はアリでしょう。
しかし,相変わらず両サイドの使い方が不満です。最後に磯崎から良いクロスが上がりましたが,全般的に抜けきる前にクロスを上げようとして巧くいかないケースが目立ちました。浦和のアレが得意にしているプレーですが,やはりそれなりの技術を要するだけに,ベガルタの選手の場合はきっちりと縦に勝負してマイナスの精度の高いボールを上げなければ高さに難のあるボルジェスではかなり厳しいと思われます。エンドライン際で勝負できれば例え上げれなくてもコーナーが取れる可能性が上がりますし,ベガルタの両サイドには『あと10m縦に勝負する勇気』が欲しいなと思います。ライン際からGKとDFの間に低いクロスを入れればボルジェスの決定力ならそれなりに決めてくれそうですし。もっとも,そのためには中盤を追い越すSBの動きや更にそのSBを中盤が追い越す動きが重要になります。高桑を筆頭に守備陣カルテットが絶好調なだけに,劣勢が予想されるヴェルディ戦でも機を見てそういう動きを出して欲しいですね。
守備面は安定してますね。特に高桑の守備面は申し分ないでしょう。現代GKには足元の技術やフィード能力が求められてますが,それはさておき瞬発力が本当に優れたGKだと思います。
ただこの試合の不満点は二つ。
一つ目は主審がカード製造機『クラッシャー家本』だったこと。相変わらずの意味の分からないカードの出し方。あそこまで酷いと試合のレベルが本当に下がってしまいます。せめてカードを多く出すなら基準を統一して欲しいです。正直言って,こんなんばっかSRだから日本人の審判のレベルが向上しないんだって。
そして二つ目が東北放送の実況。宮城ローカル局の中継なんだから,もっとベガルタ寄りの放送をしなさい。お前は「KINGカズの個人サポか!」と言いたくなるぐらい『KINGカズ』の連呼。J2のローカル放送が全国ネットのJ1の放送と違って味のあるところは『異常にホームに偏った放送』なんだから。もっと仙台放送並にベガルタ応援中継して欲しいですね。NHK仙台放送ですら全く中立じゃない放送してくれるんだから民放ならもっと頑張りましょう。
[PR]
by wandering_devil | 2006-04-17 10:54 | ベガルタ仙台
<< アルゼンチン代表事情 横浜FCを見て日本社会を考える… >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧