川淵三郎のギャグセンス(キリンカップ記者会見)
ジーコ監督も、日本の病院の医療体制はどうだろうか、という視察をされていまして、選手に何かあっても何ら問題がないということを確認して、元気に出席してくれたことを非常にうれしく思っています。

キリンカップの川淵三郎の冒頭の挨拶ですが,冗談としてはどうかと思うんですが,如何なものですかね?

皆さんこんにちは。先ほどの川淵キャプテンのユーモアのあるあいさつの後で、少し緊張しております。

これがキリンの新社長のそれを受けてのコメント。

まず皆さんにお伝えしたい。先ほど川淵キャプテンのごあいさつにもあったように、おととい、昨日と、日本医療の素晴らしさを身をもって体験できたことをうれしく思っている。本当に素早い対応と、あれほどの苦痛が一瞬にして消え失せてしまうという、素晴らしい医療体制には敬服している。ただし、ああいった形で(病院に)ご厄介になるのは、今回限りとしたいと思う。

さらにジーコの受け答え。

まぁ採点するなら,川淵のあまり笑えない冗談に自虐的に乗ったジーコに軍配!



・・・さて,


この会見はそんなことより,ジーコの以下の話の方が遥かに大事です。寿人はもちろんのこと,個人的に推している松田なんかにも諦めずにまだまだ頑張って欲しいものですね。

それぞれの試合が今も行われている中で、サッカーというスポーツではまだ何が起こるか分からない、ということを考えれば、選手には「門戸が閉ざされてしまった」と感じてほしくない。最後まで自分の可能性を突き詰めて努力してほしい。

チャンスが全くないわけではない。それを信じて最後まで頑張れる良い準備をしてもらいたい。現時点で言えることは、30人から35人のリストの中から最終的に23人を選ぶことになるということだけです。

[PR]
by wandering_devil | 2006-04-04 18:34 | 日本代表
<< 雪の舞う杜の都の快進撃! 勝っても虚しさが残るとき… >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧