試合の入り方の差
最近見たJ1の試合で一番面白かったのが鹿島vs広島戦。守備面から考えると点が入り過ぎですが,お互いの攻撃の良いところが随所に見られ非常に緊張感のある良い試合でしたね。
第1,2節ではその他に横浜vs鹿島とか新潟vs東京とか大阪ダービーとかも見ましたが,これらの試合は本来の実力差とは違う次元の『その試合での勢い』の差が出たような試合で,何か片方のチームが試合に上手く入れないための得点差みたいな感じがしますね。シーズン序盤だからなのか,W杯を意識している選手が多いせいなのか分かりませんが,今期のJ1に大量得点差の試合が多いのもそうなのかもしれません。
川崎Fは次節が甲府だけにまた上手く試合に入れたら5,6点取っちゃうかも。一度こけたら普通に戻ると思うんですけど,どこまで確変が続くことやら。
ちなみにW杯中断までの上位争いの私の予想は,本命 横浜,対抗 浦和,連下 鹿島,大穴 大宮です。なお,中断後は選手の移籍状況を見ないとどうにも予想しようがないのであしからず。
[PR]
by wandering_devil | 2006-03-14 16:45 | Jリーグ
<< WBCを見てジーコの指導方法を... クレスポ調子良さそうだね >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧