米国戦を見据えて…
昨日は寿人の話だけ書きましたので,今回の代表全般についてですが,守備陣はいつもの面子で面白みがありませんね。中澤と茂庭以外は相変わらずの170cm台のCBばかりで,W杯同組のオーストラリアやクロアチアに対抗できる気がしません。その辺はマリノスの松田や川崎の箕輪を戻せば打開できると個人的には思いますが。また,4-4-2主体でCBのレギュラーが2人であるのなら,中澤と宮本の控えとして,坪井や田中誠ではなく先の二人か茶野(怪我してるのかな?)か闘莉王(帰国中)を選ぶのが妥当かと思います。
4-4-2主体との話であれば両サイドもWBではなくSBの選手を選ぶべきで,村井や三都主は不要ではないかと思えます。個人的にはヴェルディの相馬を是非呼んで欲しいな。実際WBであれば松井や小野でも務まりますからね。
中盤は無難な常連に加えて長谷部の選出。国内組だけだと小笠原が欠けたときに攻撃的な選手が足りないので,攻撃も守備もこなせる長谷部の選出は面白いと思います。海外組が戻ると厳しいでしょうが,W杯メンバーに残れるようなアピールをして欲しいですね。
前線は久保の復帰と寿人の初選出に限るでしょう。巻も確かに良い素材ですが,久保が完調なら高原がバックアッパーとしていますから。師匠は…Jですら出場機会がほとんどないのに何故?
それと今回の遠征で是非とも国内組での4-4-2を試して欲しいです。ボランチからDFラインに関しては海外組を含めても出場の可能性がある編成ですので,SBやボランチの攻撃参加時におけるカバーリング等の守備面の充実を図るには良い機会ですからね。
そんなわけで個人的な先発希望を書いてみますと,前線が久保と寿人,中盤が頂点に小笠原,右に福西,左に遠藤,底に長谷部の3ボランチ,DFラインは右から加地,宮本,中澤,駒野,GKが川口。イタリア代表やミランが採用している4-4-2で,長谷部をピルロ役に抜擢しているのが最大のポイントです。
ちなみに海外組が入ると頂点に俊輔,右に福西,左に小野,底に中田英になるのかな。守備面がかなり怪しくなりますけど,技術的に世界と張れる3人を入れてDF陣の低さを考えるとこうなっちゃいました。
まぁ国内合宿も米国遠征もまだかなり時間がありますので,それまで各自コンディションを整えて万全の状態で望んで欲しいですね。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-28 11:35 | 日本代表
<< 高校サッカー改革元年 祝・寿人代表初選出 >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧