週給852万円のアルバイト
世界クラブ選手権の準決勝2試合が終わり,結果的に従前通りの欧州対南米が残りましたね。

サンパウロ(南米) 3-2 アル・イテハド(アジア)
良い試合でしたね。点数が沢山入ったからと言われるかもしれませんが,お互いの良いプレーが随所に見られてこれまでで一番噛み合った試合になったのが大きい要因だと思います。
序盤はサンパウロに押され気味だったアル・イテハドも途中からリズムが出てきて,初戦のアル・アハリ戦より質の高いプレーを見せていましたし,サンパウロもこれまでの南米チームの例に漏れず早めに日本に移動して試合に臨んでいるためコンディションが良く,南米らしい個人技とコンビネーションを見せてくれました。
ただ日テレが再三報道している「南米と各地域の格差が無くなった」という解釈はそのまま鵜呑みに出来るものではありません。アル・イテハドで目立っていたのもブラジル人がほとんどですし,それが他のチームにそのまま適用できるものではないからです。例えばアラウージョとフェルナンジーニョのブラジル人コンビがこの試合に出ていても通用したかもしれませんが,それがJリーグのレベルとイコールかと言えば,それは個人の資質に過ぎないからです。やはりアジア人エースの活躍で善戦して初めて格差を論じるべきではないのかなと思います。サンパウロにもシシーニョ以外には世界レベルの選手はいないですしね。
それとセニのFKを凄く惜しいと実況が騒いでましたが,あのシュートは縦回転がかかっていなかったので単なるミスキックですね。壁を越えなきゃいけない以上は,ああいう落ちないボールでは100回蹴っても入りませんから。ロベカルのFKみたいに壁の方から自発的に逃げてくれるなら別ですがw

リバプール(欧州) 3-0 デポルティボ・サプリサ(北中米カリブ)
1点目のレベルの高いパス交換からのクラウチのシュートとジェラードのボレーシュートだけで満足です。しかし,本当にジェラードの存在感は大きいですね。解説の誰かが言ってましたがジェラードのいるいないで全然別のチームに成り下がってましたから。そう考えるとイングランド代表もタレントだけは近年稀に見る布陣ですよね。
個人的にはシャビ・アロンソが好きですね。ああいう何気ないプレーが良いです。代表ももシャビが大怪我しただけに頑張りどころですよね。

ところで,昔から希望していた通りにロイ・キーンはセルティックに移籍しましたね。この週給4万ポンド(約852万円)と語られる大選手は果たしてチームにフィットするのか疑問です。現状のセルティックはボランチにペトロフとレノン,右に俊輔,左にマクギーディですね。やはりペトロフを1枚上げてボランチにロイ・キーンを入れるんでしょうか。個人的には中盤を3ボランチのダイアモンド型にしてペトロフとレノンの間にロイ・キーンを入れて俊輔トップ下が理想です。ジーコが模索しているイタリア代表やACミランのフォーメーションですね。無論スコットランドというお国柄を考えれば有り得ないスタイルですけど面白いと思うんだけどなぁ。
[PR]
by wandering_devil | 2005-12-16 12:44 | 海外サッカー
<< 良い仕事してますね 本日の見所(ちょっと愚痴) >>


ベガルタ仙台・日本代表を中心にサッカーを主観的な目線で語るサイト
プロフィール
HN:でび

横浜育ちの仙台市民。
現在はベガルタ命。
好きな選手は俊輔、寿人、
アイマール等々。

夢は大きくいつの日か,
『ベガルタとクラブW杯へ!』

当ブログに関する注意事項

【My Link】
My Early★Cross
My Fantasy Soccer
My Mixi

【ベガルタ関連】
ベガルタ公式HP
ベガルタ蹴球記2006
武藤文雄のサッカー講釈

【サッカー関連】
川の果ての更に果てに
がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧